スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然思い出したように研究はするが、結局お蔵入りになる戦法たち・・・(その2)

今回の結局お蔵入りになる戦法は・・・☖74歩戦法(袖飛車)です。

845698541.jpg
☖74歩戦法

この戦法の主な狙いとしては、☗25歩なら☖72飛と寄り7筋から動いていこうという意味です。


実は昔にもブログに記事も書いており、昔からそこそこ有力と思っていました。
それと検索ワードでも「袖飛車」は、毎日のようにあるワードでもあります。
「後手72飛車(袖飛車)戦法は、かなり真面目な戦法で超有力。」

その記事から数年経ち、自分の中での考えは色々と変わっています。
今回は現在の考えを書きます。


この☖74歩戦法(袖飛車)は、お蔵入りする多くの戦法の中でも、
戦法自体のクオリティーは高い戦法だと思います。

戦法自体の構想も、昔からありますね。

いつも最後に書こうと思っているイメージ勝率を先に書きますが、
この戦法のイメージ勝率は自分の中では、40~45%はあります。

プロ同士が指しても、それくらいの勝率はにはなるのではないでしょうか。


まずこの戦法の大きなメリットとして、昔の記事にも書きましたが、
「実戦例が少なく、定跡化されていないこと」があります。

なので事前に研究していれば、それだけで大きなアドバンテージがあり、
特に早指しでは効果が大きいと思います。

さらに経験値があるかないかも大きく、自分だけ多く指していれば、
その経験値も生きやすいでしょう。 

普通に「主力戦法」になると思います。


ではなぜそんな有力戦法が、お蔵入りするのかと言う理由ですが、
コレは完全に、僕自信の好き嫌いに近いかも知れませんが・・・

「先手に持久戦模様にされると、後手の指し方がやたら難しく感じる」

からです・・・例えば下図。

65259655.jpg

図はお互い飛車先を交換し合い、☗69玉に☖94歩と様子を見た時に、
先手が☗66歩と激しい戦いを避けた局面です。

こう言う風に多少妥協した感はあるものの、先手が穏やか局面に誘導し持久戦模様に指された時に、
後手の指し方が非常に難しいと感じる。

図からは後手も矢倉模様にするのが普通ですが、その時に後手が7筋の歩を切った手より、
先手の2筋の歩を切った手の方が、価値が高くなりやすいと思います。

あと飛車先の歩を切った時、後手の飛車は75の位置になってしまっているので、
一回どこかで☖72飛としなくてはなりません。

もちろんコレは手損なので、先手に先行されやすくなる可能性が高いです。

以上が、お蔵入りする大きな理由です。



この「先手持久戦模様」に対抗する指し方は、袖飛車が書いてある定跡書などには、
一応は対抗策が何かしら書いてはあるのですが、僕にはどれも大変そうに思えますね。

自分で研究しても、なかなか良い作戦が思いつきません。

ただあくまで「僕には」なので、他の人が研究したりして良いアイデアがあれば、
コレは全く関係ないでしょう。

本当に「しっかりと研究」すれば、結構簡単に解決する可能性が高いです。
僕が今のところ、あんまり研究をするつもりがないだけですね。


ここからは余談になるのですが、ちょっと前に☖74歩戦法が将棋世界のイメ読みで取り上げられていて、
そこで「これは有力だな」と感じる手が書いてありました。

それが下図。

965415985485.jpg

☖72飛と指すところで☖62銀と指す手です。
これは僕は全く思いつきませんでした。

「☖74歩と指したからには、次は絶対☖72飛しかない」と言う自分の融通の効かない考えに、
「我ながら頭が硬いな・・・」と感じましたね・・・

確か記憶が正しければこの指し方は、都成奨励会員が得意にしていたと書いてあったような・・・

この☖62銀が優秀なところは、ここで☗24歩と指しづらくなっている所だと思います。
☗24歩であれば以下、☖同歩☗同飛☖73銀です。

9654185485.jpg

☗23飛成にはゴキゲン中飛車の定跡の応用で、☖88角成~☖22飛。
☗28飛などにも同じように、飛車をぶつけてどうか。

しかしこの記事を書いてる今思いつきましたが、☗23飛車成~☖22飛とした時に、
☗24歩がちょっと気になりますね。

654185485447852.jpg

色々対応を考えましたが、ちょっと後手を持っていい対応がすぐには思いつかないです。
しかしこの☖62銀には、何かまだ可能性があると感じます。
(まあ何かあるんだとは思うが・・・)


話を本線に戻しますが、袖飛車戦法は今あまり指されていない戦法の中でも、
かなりまともに戦える戦法だと思います。

プロ間では多少損かも知れませんが、アマチュア同士なら全く関係ないでしょう。

今はアマチュアでも将棋ソフトを使って、プロレベルの研究が出来る時代になったので、
独自に研究してライバルに試すのも面白いかもしれませんね。


スポンサーサイト

突然思い出したように研究はするが、結局お蔵入りになる戦法たち・・・(その1)

ある日突然「この戦法は有力なのではないか?」と思いつき、
研究したくなることがあると思います。

しかし色々研究してみると結局は「やっぱりダメだわ・・・」と言う結論になる・・・
コレを繰り返す戦法たちが僕の中では結構あります。

この僕の中で「研究する」→「やっぱダメ」→「研究する」→「やっぱダメ」→・・・・と言う
無限ループする戦法たちを、これからたまに書いていこうと思います。
(→に新しく、カテゴリも作りました)

書く内容としては、「何故その戦法を有力と思ったのか」→「何故ダメと言う結論に至るのか」
と言う構成で書きます。

記事の最後には紹介した戦法の「自分の中でのイメージ勝率」を書いて終わります。
あと基本的に後手番での戦法です。


そういう事で記念すべき第一回目は・・・・「ツノ銀中飛車」です!!!

96251485214785.jpg
後手ツノ銀中飛車

まずこの戦法に目をつける理由としては、「居飛車の急戦に強い」と言う理由です。
コレは後手番では心強い。

何か急戦をされても☖32金と金を上がって受ければ、たいていの急戦には対応できます。
急戦に対しては定跡をそんなに憶えてなくても、適当に戦っても勝負にはなる。

これは裏芸として指す戦法には持ってこいです。


しかし、ここからが駄目になる最大の理由です・・・それは予想通り・・・
「居飛車穴熊に対してしんどすぎる」と言う理由でいつもお蔵入り。

9654965965965.jpg
居飛車穴熊

まあこの理由はプロ間でも、ツノ銀中飛車が指されなくなった理由ですね。
居飛車穴熊が手強すぎる。

「居飛車穴熊にされて完全にダメ」と言う完全な結論が出たわけではありませんが、
実戦的に「かなり勝ちづらい」のは事実。

例えば上図から下図の様に、穴熊に対しての対策などは考えますが、
全然ダメですね。

965415965484.jpg

☗66歩や☗66銀の両方、どちらでもしんどい。
まあ巧く指しても千日手狙いで、ひたすら待つのが相場でしょうか。

万が一リードできたとしても、終盤完璧に指さないと一瞬で逆転されますね。

そしてもう一つ、もし穴熊を指してこなくても「銀冠&左美濃」もカナリ手強い。
とにかく持久戦模様にされると、中飛車側の薄さが目立つ展開になりやすいです。

以上の理由でツノ銀中飛車は、いつもお蔵入りになりますね・・・

ツノ銀中飛車はこれから先、革命級の何かが起こらないと、
自分で指すことはないと思います・・・

ツノ銀中飛車の僕のイメージ勝率は・・・・「20%前後です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。