スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉本昌隆の振り飛車破り

3年位前に杉本七段が「杉本昌隆の振り飛車破り」という本を出していたんですが、
この本、地味に良い本だと僕は思います。




出版社からのコメント
"振り飛車の長所に詳しいのが振り飛車党ならば、自分の弱点(振り飛車破り)を
知り尽くしているのもやはり振り飛車党。普段と逆の立場を持って解説した本も
面白いのではないかと思い、こうしてこの本が出来上がった。"(まえがきより
一部抜粋)

本書は振り飛車党の棋士である杉本昌隆七段が、振り飛車の破り方を教える戦
術書です。
急所がわかりやすいように、振り飛車が良くなる変化は"振り飛車の視点"、
居飛車の奥の手は"マル秘"としてまとめてあります。
実戦での勝ちやすさにこだわって解説してありますので、
本書を読んで振り飛車の戦いに強くなってください。


内容説明にあるように、
振り飛車党である杉本七段が、居飛車を持って振り飛車を退治すると言う、
ちょっとヒネッタ本になっています。

この本には四間飛車・三間飛車退治がメインなんですが、
三間飛車退治のページは、かなり役に立つ内容だと思います。

最新の、対三間飛車の定跡が多く載っており、
しかも実戦的な物が多く、即効性が高いと思います。

この本もそろそろ絶版になりそうな気配なので、
今のうちに買っておくこと、をオススメします。
スポンサーサイト

イメージと読みの将棋観は、超面白いです。

今読み返している本の中に、少し前に出た「イメージと読みの将棋観」があります。




この本は、将棋世界に連載された物を書籍化したものなんですが、
ちょっと変わっていてとても面白いです。

僕は発売日に買って一回ほどサラッと読んでいたのですが、
また読みたくなって、今読み返しています。

やはり勉強になる本ですね。

よく出現しそうな局面・それらの局面での考え方など、
トッププロの思考が解かりやすく解説されています。

読めば絶対に何か得るものはあると思います。

この本、ほんと面白く勉強になる本なので、強くオススメしておきます。
絶版になったら困りそうな、本の一冊ですね。

四間飛車の急所(1)は、四間飛車党なら必須です。

四間飛車党の人に絶対読んで欲しい本に、「四間飛車の急所(1)」があります。




この本は四間飛車の第一人者の、藤井九段が書いた本です。
シリーズ化されているんですが、この1は四間飛車の総合的な本になっています。

もうこの本、四間飛車をするのであれば、絶対読んどいたほうが良いと思います。
居飛車党の僕でも読んでるくらいですから・・・
実際、居飛車党の人もかなり読んでいると思います。

ありとあらゆる四間飛車の局面が、丁寧に解説されていますね。
勉強になりまくりです。

僕はこの本は、今まで出た将棋本の中でも個人的に、
ベスト10に入るくらい、好きな本です。
内容も最高です。

四間飛車を指す人は、絶対読んで欲しい本ですね。

名人戦の観戦記集は、毎日の方が個人的にはオススメ。

2年位前から名人戦が、毎日新聞と朝日新聞の共催になっているんですが、
そのせいもあって、観戦記集も毎日と朝日の2社から別々に出ています。






僕は61期名人戦から、観戦記集を買っています。
それで共催されてからの、観戦記集も買おうと思って
毎日か朝日のどちらかを買うか迷ったんですが、最終的に毎日新聞の方を買うことにしました。
理由は以下のとおり。

1、毎日新聞社の方が少し値段が高いが、ハードカバーになっていて立派。
2、ページ数が多い。
3、写真も若干多い

と言う理由で、毎日新聞の方を買いました。

個人的に一番の理由は「1」です。
僕はハードカバーの本が、凄く好きなんで・・・

せっかく買うのであれば、立派な方がほしくなります。

色々な意見があるかもしれませんが、
僕は毎日新聞社の方をオススメしておきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。