スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕のオススメの自戦記本。

ちょっと前に、将棋を勉強しようかな?と書きました。
それで僕の将棋の勉強方法なんですが昔から、

定跡の本を読む・プロの将棋観戦・短手数の詰め将棋を解く・棋譜並べ

が主な勉強法です。
そして、その中で一番よくするのは「棋譜並べ」だと思います。


僕は棋譜並べにはほとんど「プロが書いた自戦記」の本を使用しています。
なぜ自戦記なのかというと、まずまったく解説の無い棋譜は難しすぎて全然理解できません。

まあ解説の無い物を並べても勉強にはなるんだと思いますが、
それは効率が悪いと思います。

それと手についての解説が載った物(例:将棋年鑑)もいいんですが、
やはり自戦記よりは、解説のボリュームが少なく感じてしまうのです。


あと自戦記には手についての解説は勿論なのですが、
結構、将棋以外の事も面白く書いてある事が多いです。

そういう事で読んでいてとても楽しいので、楽しみながら勉強出来るので好きですね。
(同じように観戦記の本も好きです)


そこで僕がよく使用する&オススメの自戦記(観戦記)の本を紹介したいと思います。


永世竜王への軌跡



これは渡辺竜王・王座の自戦記本です。
ハッキリ言ってこの本は自戦記の本の中で、ナンバーワンと言ってもいいと思います。

とにかく丁寧な解説・ボリューム・読み物・・・などなど、
全てにおいて完成度が高い、最高の本だと思います。

戦形もヴァリエーションが多くて、対局者もトッププロばかり。
面白くない訳がありません。

何度読み返しても面白いですね。
将棋ファンなら、必須の本だと僕は思います。

ぜひ読んで欲しいです。


広瀬流四間飛車穴熊勝局集



これは広瀬七段の自戦記本です。
この前の王位戦は残念でした・・・

これは名前のとおり「四間飛車穴熊」ばかりの棋譜を集めた本です。
少し珍しいですね。

この本は解説がとても解り易く丁寧だと思います。
とくに穴熊の感覚についての解説は、素晴らしいと思いますね。

「穴熊」を得意にしたい人には必須の本だと思います。


新 谷川浩司全集1~4



これは谷川九段の自戦記本です。
谷川九段は少し前までは、年度ごとに自戦記を出されていました。

1~4は平成12年~15年度にあたります。
この時期はタイトル戦の挑戦者になったり、タイトルホルダーの頃でした。

またこの頃の様に、タイトル戦に出てきて欲しいです・・・

内容としては自戦記なので解り易いのは当然ですが、
△85飛戦法は大流行中・ゴキゲン中飛車などが流行し始めの頃で、戦法の古臭さもあまりないと思います。
角換わりの戦形も多いですね。(他には藤井システムなども)

あとこの「新」になる前にも平成元年~11年の本もあるのですが、
今から揃えようとなると大変だと思います。(ネットだとプレミアがついたりしている)

この「新」シリーズは今だったら古本で安価で手に入るので、
気になる人は今のうちから、手に入れておいた方がいいと思います。
(いずれプレミアが付くと買いづらくなるので)

谷川九段には、またこの全集を書いて欲しいですね・・・


愛蔵版 第66期~第69期 将棋名人戦 七番勝負




これは自戦記ではなく、名人戦の観戦記です。
朝日新聞社(以下朝日)と毎日新聞社(以下毎日)両方から出ているのですが、こちらは毎日の方です。

値段的には朝日の方が安いのですが、毎日の方がハードカバー&ページ数も多いので
僕は毎日の方が好きですね。

棋譜解説は勿論ですが、対局時の様子なども細かく書かれており、
とても臨場感があって面白いです。

もう数年前の本は古本だと安くなっているみたいなので、
読めればいい人は、古本の方を買うといいと思います。


注釈 康光戦記&佐藤康光の将棋シリーズ




これは佐藤九段の本です。

まず「注釈 康光戦記」なんですが、これは完全な自戦記本です。
佐藤九段の将棋の考え方などが多く書かれていて、とても面白いです。

次の「佐藤康光の将棋シリーズ」なんですが、これは全部自戦記にはなっていません。
ある程度の定跡が説明されていて、それから佐藤九段の実戦の解説になっています。

全部自戦記ではないのですが、各本に約10局くらい掲載されていて、
巻末に使用された棋譜が掲載されているので、棋譜並べにも十分使えますね。

そして最近出された本なだけあって、流行中の戦形ばかりです。
これはとても大きいと思います。即戦力になりますから。


森下九段の自戦記各種




これは森下九段の自戦記です。
森下九段の自戦記はどれも解り易く、ボリュームがあっていいですね。

しかし現在では手に入りにくく、プレミアが付いていいる物もあります。
無理して買う必要はないと思いますが、古本屋などで安価で見つけたら購入しておくといいでしょう。
(僕も四間飛車破りは持っていなく、図書館で借りて読みました)


以上が僕がオススメする自戦記・観戦記の本でしょうか。
よかったら読んでみて下さい、どれも面白いと思いますから。

あと↓に僕の好きな棋譜集も紹介しておきます。
これらもオススメですね。


スポンサーサイト

「マイコミ将棋BOOKS よくわかる~」シリーズは、オススメの将棋本。

ここ最近マイコムから「マイコミ将棋BOOKS よくわかる~」と言う将棋の本が、シリーズ化されて出ているんですが、
この本はとても良い本だと思います。




今のところ出ているのは、

「マイコミ将棋BOOKS よくわかる中飛車」
「マイコミ将棋BOOKS よくわかる振り飛車穴熊」
「マイコミ将棋BOOKS よくわかる角交換振り飛車」
「マイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わり」


上記4冊です。


よくわかる~と書いてあるように、各種戦法の基本的な所にスポットを当て、
解り易く説明されています。

難易度的には中級~初段くらいあれば十分読めると思います。
特に初段を目指す人には、丁度いいんじゃないでしょうか。

じゃあ初段以上の有段者には不要かと言うと、そうでもないと思います。

確かに3段以上の人などが読むと、「これくらい当たり前」の事が多く載っているでしょう。
しかし100%、全て知っていると言う人はアマチュアには絶対いないと思うので、
必ず役に立つと思います。


それと個人的に思う事なのですが、最近僕は難しい将棋の本を読むより、
これくらいの初段前後が目安の本を、繰り返し読む方が棋力がアップするんじゃないかと
思い始めてきました。

難しい高段者向けの本は、最近カナリ多くの本が出版されていますが
ちょっと出すぎな気がします。

難しい本は確かに、細かい変化もしっかり書かれており勉強になるんですが
そういう変化などを憶えるよりも、各種戦法の攻め方・受け方のコツみたいな感覚を
憶えたほうが総合的・長い目で見た場合良いことが多いと思います。

それとアマチュアでは結局、中盤~終盤にかけてミスが多い方が負けてしまうので、
難しい本を多く読むより、中終盤力を鍛える本を読んだ方が良いでしょう。


ちょっと話が逸れてしまいましたが、この「よくわかる~」シリーズはとてもオススメです。
興味がある人は、一度読んで見ると良いと思いますね。

現時点での主な戦法についての感想(居飛車編)

ちょっと前に「また将棋をやり始める」みたいな事を書きました。

こういう書き方をすると、全然将棋はやってなかった様に聞こえるのですが、
単に指していなかっただけで、週間将棋や将棋世界などの専門誌は全部買って読んでいました。
(NHK杯・タイトル戦なども見ていました)

それで今年になってから今まで将棋を見ていての、
主な戦法の現時点での感想などを書きたいと思います。

今回はまず相居飛車の戦法についてです。
では行きます。

(あと色々な戦法について書きますが、だいたい後手から見た感じになっています。)


矢倉

まずは矢倉からなんですが、矢倉は今年に入ってもほとんど変化がないように思います。
後手が色々な手段を講じていますが、どう頑張っても先手の先攻を受ける展開ですね。

45621452.jpg
△95歩型
45624152.jpg
△85歩型

▲37銀型をメインに書きますが、相変わらず△95歩型では先手の▲65歩型から攻められ、
△85歩型では先手に、穴熊に潜られてからの先攻を許してしまいます。

感想としては依然後手の矢倉は、あまり面白くない感じなんですが、
しっかり受ければ一気に悪くなる変化は少ないので、まだ相居飛車の後手ではいい方だと思います。


角換わり


角換わりも頻繁に指されていますが、腰掛銀の同形は相変わらず先手がリードしていると思います。
その為かほとんど指されているのは、一手損ばっかりです。

54562145.jpg
一手損角換わり

しかしその一手損も、先手の早繰り銀&棒銀の急戦が手強過ぎて、
しんどい戦法だと思います。

あと個人的に「手損」をする戦法はどうしても抵抗があるので、
今のところ指す気はしないです。

とにかく角換わりは同形で、後手が何かしらの対抗策を出さない限り、
かなり厳しい戦法だと思います。

そしてそれは、相当難しいでしょう。


横歩取り


今相居飛車の後手番で一番指されているのは、この横歩取りでしょう。
そして一番勝てていると思います。

流行&勝てているのは、△85飛52玉型なんですが、
僕はこの形については個人的に、あまり良い感触は持っていません。

21456321456.jpg

と言うのも、やはりあの玉の位置に違和感を感じてしまいます。
まあ見慣れてないからと言うのもあるんですが、凄く変な感じがします。

しかし現状はプロ間でも多く指され、勝っているのでまだ暫くは流行しそうです。


あとその他の横歩取りはと言うと、かなり厳しいみたいです。

名人戦では△84飛型が指されて、若干△84飛型も指されている様ですが、
やはりちょっと苦戦気味な感じでした。

△33桂・相横歩・普通の△33角戦法・・・などもほとんど見ない事から、
かなり勝ちにくくなっているんだと思います。

横歩取りの後手は、なんとか△85飛・52玉型でギリギリ耐えていると言う印象ですね。


まとめ

主流の戦法についての現在の感想は、上記の様な感じでしょうか。
相居飛車の後手番は先手の先攻を許してしまい、あまり面白くないと思います。

相居飛車の後手番の辛い所は、
「横歩取りか角換わりどちらかに、自信のある変化を持っていなければいけない」
と言うのがしんどく感じる理由と思います。


例えば後手で矢倉を指したくて▲76歩に△84歩と指しても、
▲26歩と指されたら矢倉にはしづらく、△34歩か△85歩と突いて角換わりか横歩取りをしなければいけません。

相矢倉はまだ先手に先攻を許しても玉がある程度硬いので、
カウンターを狙い易いのですが、横歩取り&角換わりの後手は玉が薄いので、
下手をすると囲いが傷んだ状態で、カウンターを狙わなければならないのが辛い所です。

特に角換わり戦では、カウンターすらするタイミングがなく
攻めきるか受けきるかと言う戦いになり易いです。

これはアマチュア同士では、絶対先手の方が勝ち易いでしょうね。

そういう事で相居飛車は依然と、先手が勝ち易い状況だと思います。
次は振り飛車編を書きたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。