スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手相掛かりは超オススメ。

少し前から先手の場合、相掛かりを目指そうと初手は▲26歩と指そうと思い始めています。

5245625562.jpg
初手▲26歩

僕は今までほとんど先手の場合初手は▲76歩で、矢倉を得意として指していました。
相掛かりはあまり、指そうと思っていなかったですね。

基本的に相居飛車の場合どの戦形でも、先手は先攻し易く勝ち易いと思います。
しかしここ最近初手▲76歩だと、一つ厄介な戦法が出てきました。

それが2手目△32飛です。

4756258624.jpg

これはもう出始めてから時間が経つので、みんな知っていると思いますが、
後手でも石田流を目指す戦法です。

正直なところ、これをやられても一気に負ける事はなく
先手にも色々と対策はあるので、そんなに気にする必要もないんですが、
一つ新たに対策を考えるのには変わりありません。

そういう事で△32飛をさせないために、初手▲26歩を指そうと思いはじめました。

あともう一つの理由として、野月プロの出した相掛かりの本が出たのもあります。



この本はとても良い本だと思います。
チラッと読むと、相掛かりが指したくなりましたね。


以上の理由で相掛かりを勉強し始めたんですが、相掛かりはアマチュアにはかなりオススメの戦法です。
理由はただ一つ、

「主導権を握りやすく、攻め筋が多彩」

以上です。

後手からは相当先攻するのが難しく、ほぼ先手から何か動いて行けます。
しかも相手が迂闊に一手でも間違うと、一気に持って行きやすい。

アマチュアの持ち時間が短い将棋で、先手の攻め筋を完璧に受ける力を持っている人なんて、
カナリいないと思います。

「相掛かりの後手の受けを常に勉強していて、全部受けるのが好きだ!」
なんて人は聞いたことがありません。

そしてもし攻め筋を受けられたとしても、そこから持久戦になるだけなので、
先手にリスクもほとんどない。


あと僕が指そうと思っているのは、今流行中の▲28飛型ではなく、
昔からある▲26飛型です。

32462452.jpg
▲26飛

この形は最近プロ間ではあまり見ませんが、ダメになった訳ではありません。

むしろプロ間であまり見ない分、ノーマークになっている可能性もあるので、
研究が生き易いかもしれませんね。


そんな訳で、野月プロの本を読みながら定跡を見たりしているのですが、
本当に先手相掛かりは攻め筋が多彩です。

「この攻めはちょっと無理気味なんじゃないかな?」と思っている筋でも、
カナリ煩い攻めが続いていたりします。

ガンガン攻めて勝ちたいと言う人には、相掛かりはかなりお勧めです。
勉強&研究すれば、上位の人にも一発を入れやすい戦形だと思います。

超お勧めしておきます。

相掛かりの僕のお勧め本は以下の本。


スポンサーサイト

対△ゴキゲン中飛車超急戦での変化について。

ちょっとコメントで質問が来ていたので、その質問について
僕の個人的な意見・感想を書きたいと思います。

その質問とは、ゴキゲン中飛車の超急戦での変化で、
下図の手についてです。

245214521452.jpg

今主流の手はここでは▲55桂なんですが、そこで▲77角はどうかと言う事と、
そして「なぜあまり指されていないのか?」と言う質問です。

この手は昔は時々見たような記憶がありますが、今ではほとんど見なくなりましたね。

コメントされた方は、激指の定跡道場を持たれているみたいです。
僕も丁度持っていたので調べてみると、確かに変化では「若干先手良し」の解説が書いてありました。


正直なところ、この▲77角の手順についてはまだ不明な所が多く
定跡道場に入っている手順も、最善手かどうか解らないと思います。

手順も定跡道場に入っている情報が、一番役に立つと思います。
(僕もこの手については、ほとんど知識がありませんでした。)


では「なぜほとんど指されていないのか」についての個人的な感想としては、
「先手が良くなるビジョンが見えづらい」からなのでは?と僕は思います。

超急戦をするかには、絶対に「先手優勢~勝勢」くらいまでのビジョンがないといけません。
と言うのも超急戦は普通の急戦と違い、大きすぎるリスクを背負っています。

仕掛けてから銀桂交換の駒損もしますし、居玉の状態でもあります。
仕掛けたからには、もう後戻り・粘りが利きません。

居飛車側としては、一気にケリをつける心構えで指す仕掛けです。


しかしこの▲77角は定跡道場の手順にもあるように、
後手側にも変化する手も多く、収まる可能性も高い。

そして後手玉も手順に、△62玉~72玉と固められてしまう。
それに対し居飛車側はまとめづらい。

そうなってしまうと「超急戦」にしたのに、あまり意味が感じられなくなり、
「だったら一気にケリをつけれる可能性の高い、▲55桂などの他の手を指そう。」
と言う感じになってしまっているんだと、僕は思います。

そして▲55桂の方が「先手が良くなる可能性が高い」とプロ間では思われているんだろうと
思いますね。


しかし▲77角が悪いと言っている訳ではありません。

よくわからない分、まだまだ可能性はあると思いますし、
研究すればかなりの武器になると思います。

アマチュアでこれを詳しく知っている人なんて皆無だと思います。
この▲77角の職人になってみるのもいいでしょうね。


僕の個人的な意見・感想としては上記の様な感じです。



2012年、あけましておめでとうございます。

2012年、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします!

と言う事で今年も始まりましたが、
まあ今年も僕のこのブログは、マイペースに更新して行きたいと思っています。


一応ブログの名前に「将棋」と言う言葉が入っているので、
将棋の事も勿論多く書いていく予定です。

そして今年の僕の将棋の目標は以下のとおり。

1、支部例会にちゃんと出席する。
2、妥協しない将棋を指す。


以上です。


1について説明すると、僕はちゃんとした将棋の支部に数年前から入っているのですが、
出席率がちょっと悪いです。(1年で5回くらいある)

特に去年は将棋以外にも色々と忙しかった事もあり、年末の1回しか行けませんでした。
今年はどうにか時間を作って、なるべく出席したいと思っています。

もちろん出るからには、勝ちたいとも思っていますね。


2については、これは去年から引き続きです。
常に「最強の手」で返す将棋を指したいですね。


1と2を実現して行くにはやはり「日常的な将棋の勉強」が必須になります。
今年はちょっとは、将棋の勉強をして行きたいと思います。

勉強したりして「面白そうな手」や「使えそうな手」を発見したときは、
逐一このブログに書きます。


と言う事で今年は、STREET FIGHTER X 鉄拳」を頑張るぞ!!!
誰を使おうか今から迷いますね~。(ザンギとリリが有力かな~)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。