スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年に出た将棋本で、僕が買っておくべきだと思う本。(シリーズ含む)

2013年も多くの将棋本が出版されました。

僕も結構将棋本を買いましたがその買った将棋本の中で、
「これは買っておいた方がいいぞ!」と言う本のリストを書きたいと思います。

ちなみに今回のリストに上がっていない本は、決して面白くないと言う訳ではないので、
その辺りは誤解しないで下さいね。

基本的に「将棋を指す」人向けのオススメ本になっていると思います。
あと順番は順不同になっています。
(2012年に出た本も一部あると思いますが、それは前編・後編みたいな感じのシリーズ本です。)


現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~



糸谷プロの出した一手損角換わりの本です。

相居飛車の一手損角換わりは勿論、角交換振り飛車のことも書いてあるので、
振り飛車党の人にもオススメです。

一手損角換わりを指す&指されるのであれば、必須の本だと思いますね。


菅井ノート 先手編&後手編



菅井プロの出した本です。
ハッキリ言ってこの2冊は、買う一手です。

持ってないと、最新の振り飛車に着いていけませんね。
以上です。


米長邦雄名局集
米長の将棋 完全版 第一巻&第二巻&第三巻




亡くなられた、米長永世棋聖の本。

米長さんの将棋はとても勢いがあって力強いです。
棋譜を並べることによって、絶対に棋力は上がるでしょう。

文章も面白く、楽しく棋譜並べが出来ますね。


長岡研究ノート 相居飛車編&振り飛車編




研究家で知られる長岡プロの出した本です。

居飛車と振り飛車の最新流行形が中心に書かれていて、
最新形を指す人は必須の本でしょう。

各戦形のかなり細かいところまでカバーされているので、
しっかり読んで理解すれば、相当勝てると思います。


アマの知らない マル秘定跡



関西の村田顕弘プロが出した本です。

この本も最新戦法をの書かれた本ですが、
実戦的に勝ち易い指し方に重点が置かれ、即効性が高い本になっています。

対△ゴキゲン中飛車の都成新手も載っているのも見逃せません。

最新戦法に手こずっている・・・という人にはかなりオススメです。


SUPER自戦記シリーズ各種
稲葉陽の熱闘順位戦阪口悟の順位戦昇級のキセキ
菅井ノート 実戦編最強最速の将棋




今年(2013年)からシリーズ化された、主に若手棋士の自戦記の本です。
僕は自戦記を読むのが好きなので、とても面白く感じます。

本を書かれている棋士は「今よく勝っていて勢いのある棋士」ばかりなので、
とても参考になります。

やはり上達には、勢いのある将棋を多く並べることが
とても重要だと思いますね。

自戦記だけじゃなく、定跡解説も途中にあるので、
定跡にも詳しくなれると思います。

このシリーズは、ずっと続いて欲しいです。


杉本流相振りのセンス



杉本プロが出された相振り飛車の本です。
杉本プロの出す相振り本は、まずハズレが無いですね。

相振り飛車はもう「振り飛車党だけの戦法」と言う時代は終わり、
居飛車党も積極的に指す戦形になりました。

そして相振り飛車も激しい展開になる可能性が多くなり、
定跡を知らないとすぐ負けてしまうということもあります。

相振り飛車を指す人には、絶対持っておきたい本ですね。


今年最低限買っておきたい本はこれくらいでしょうか。
実はまだまだあるんですが、多くなりすぎるのもあれなんで、
これくらいにしておこうと思います。

将棋を強くなるには、知識を増やすことが必須なので、
興味がある本は、どんどん読むべきだと思いますね。
スポンサーサイト

2013年、アマゾンで買った良かった物リスト。

2013年ももう終わりです。
今年もアマゾンで多くの買い物をしました。

その買った物の中で「これは結構良かった」と言うものを書きたいと思います。


LED LENSER(レッドレンザー) P17 OPT-8417



海外のレスキュー隊などでも使われている、強力な懐中電灯です。
最近は地震などの災害が多く、いつ停電になったりするかわからないので買いました。

これ超明るいです。
光を絞って目に当てると、暫く目が見えなくなるレベル。

その為、身を守るのにも使えたりします。

一家に一本あったら、非常時などの時に大活躍すると思いますね。
超オススメ。

ちなみに同じ会社の↓も持っていて、これは家の鍵に付けています。
これもオススメです。




IZUMI 毛玉取り器 毛玉カットとるとる KC-500T



寒い時期になるとよく着るのが、タートルネックのセーター。
しかしセーターは毛玉が鬱陶しかったりします。

そこでオススメなのが、このタイプの毛玉取り。

普通の毛玉取りは「充電式」が多いのですが、たいがい使いたい時には充電なんてしてなく、
しかもすぐ電力が無くなって威力も弱い・・・

しかしこれはコンセントに直接繋ぐタイプなので、いつでも使えます。
そして威力もありますね。

毛玉を一網打尽にしたい人には、持って来いだと思います。


高い信頼性(日本製マスク)【pm2.5・黄砂対策】【鳥インフルエンザ対策】
 【ブリッジ ドクターマスク(メディカルマスク) Mホワイト 50枚入】
 医療現場で使われているマスク




少し高価なマスクです。
最近よく聞く、色々な物質に対して効果があるらしいので買いました。

付け心地もいいので気に入ってますね。


三菱鉛筆 ジェットストリームプライム
3色ボールペン (ボールペン0.7mm インク:黒・赤・青) シルバー


オート 水性ボールペンリバティ CB-10SLシルバー

ダイゴー 太罫専科 大 ブラック A1239



ちょっと高価なボールペンとメモ帳です。

両方のボールペンはたまたま文具店で手にとって試し書きをしたら、
とても書きやすかったのでその文具店で1本ずつ、アマゾンで1本ずつ買いました。
(家用と外用)

線の太さは3色のほうが0.7、黒だけのほうが0.5ですね。

0.5の方のペンは、他にはあまりない書き心地だと思います。
「カリカリ超スムーズに書ける」と言う感じですね。

とても気に入っています。

メモ帳はよくあるメモ帳ですが、1行の幅が太いです。
と言うのも、僕は字が結構大きい方なので、
はみ出たりするのを気にしたくないからこれを買いましたね。

何か咄嗟に思いついたことや、知らなかった知識に出会った時には、
すかさずメモを取るようにしています。

将棋関係のことも、いっぱいメモしていますね。


消火器 次世代型 アルミ製 アルテシモ 【とにかく安全 蓄圧式】 10型 SA10EAL



見た目の通り消火器です。
買った理由もそのままで、イザという時のために買いました。

アマゾンだと、かなり安いと思います。


水缶 コック付 BUB 20L



ポリタンクの水入れです。

僕の部屋には加湿器があるのですが、加湿器は頻繁に水がなくなります。
しかし僕の部屋は少し水道から離れているため、補給に行くのがめんどくさい。

そのめんどくさいのを解消する為にこれを買いました。

あともし何かがあって断水が起きた時には、これに水を入れておくと、
非常時の水として使えたりもします。

しかし満タンにして自分の部屋に持って行く時には超重い・・・
だから半分くらい入れて、持って行ってますね・・・


イシミズ サイプレス ボディーブラシL 00380



お風呂で使うボディーブラシ。
タオルでは背中は洗いづらいので買いました。

硬さも程よく、使いやすかったです。


ニベア ソフト スキンケアクリーム ジャー 98g



手頃な値段のスキンケアクリームです。
冬は顔や手がカサつくので、保湿用に買いました。

手頃な値段の割には、結構いいと思います。
男でもこの時期は、スキンケアはした方がいいと思います。


LOGICOOL ステレオヘッドセット H250 アイスブルー H250IB



ちょっと前まで使っていたヘッドセットが壊れたので、これを買いました。
ニコ生やスカイプの時に使っています。

今のところ何の問題もないですね。
ミュートスイッチもあって、使いやすいと思います。


今年アマゾンで買った良かったものはこれくらいでしょうか。
他にも多くの買い物はしましたが、飲み物やゲーム・本ばっかりでした。

来年もアマゾンには、超お世話になると思いますね。

まだ使えそうな、横歩取り旧山崎流。

現在相居飛車の後手番では「横歩取り」の戦型が流行しており、
後手番でも高い勝率を上げています。

69545828.jpg
横歩取り

最新の流行は△52玉型なんですが、△41玉型もアマチュアでは根強い人気だと思います。
その△41玉型に対して、前から個人的に有力と思っている指し方があります。

それが「旧山崎流」です。

651515415.jpg
旧山崎流

「旧」とあるように、この指し方は「(新)山崎流」が出てきてからはプロ間では、
あまり指されなくなってしまいました。

548541785.jpg
新山崎流

この新山崎流もかなり有力で、僕もよく指していましたが、
いかんせん「居玉」で攻めるので、事前の深い研究が必須です。

そして一度間違えてしまったら中々粘りが効かなく、アマチュアには難しい指し方だと思います。
そこで自分なりに考えて有力だと思ったのが「旧山崎流」でした。


僕が思っている旧山崎流の、有力な理由を何点か書きます。

その1・・・「有段者でもウッカリしやすい手が序盤からある。」

まずこれです。

例えば下図。

651515415_20131221153111d54.jpg

ごくごく普通の序盤ですが、ここで後手が普通の△62銀と指すと悪くなる可能性があります。

65418541854_20131221153224d88.jpg
△62銀は危険

と言うのも全て手順は下記ませんが、▲33角成~▲23歩~▲82歩~▲83歩・・・と言う、
歩の三連打の有名な仕掛けがあり、後手が勝ちにくいと思います。

65485485.jpg

この仕掛は有名なんですが、早指しなどでは結構手拍子で△62銀と上る人も多く、
多くの勝ち星を稼がせてもらいました。

△62銀では△51金の方が安全です。


それともう一つ手拍子で指してしまいやすいのが下図。

654158541854.jpg

ここでも自然な手は△62銀に見えると思います。
しかしここでの△62銀は、さっきの△62銀よりかなり危ない。

ここでも▲23歩が急所です。

651458414584.jpg
▲23歩

この歩は△同銀だと▲77角なので△23同金で取りますが、
更に▲24歩と叩けます。

▲24歩にも△同金ですが、▲77角△84飛に▲33角成から2枚替えで竜を作って
先手ペースでしょう。

△62銀では△84飛が定跡です。

54145541854.jpg

まあ上図からも勝ちきるまでは少し長いのですが、
手堅く指していけば大丈夫だと思います。

この筋も基本を知っている人はまず引っかからないのですが、
有段者でもウッカリする人は何人もいました。

級位者なら、そこそこ引っかかる人もいると思います。


その2・・・「後手は定跡を知っていないと、苦戦しやすい。」

この旧山崎流は結構攻め筋が多く、後手はその全ての攻め筋に正確に対応しなければなりません。
例えば下図。

548545784.jpg

先手が▲66角~攻めた局面の途中図ですが、ここでの後手の最善手は△71銀です。
このような手は初見だったらほとんど指せないでしょう。

旧山崎流は意外と「知っていないと指しにくい手」が多い印象があります。

それと先手はそう言う「知っていないと指しにくい手」をもし指されたとしても、
「その手を指されて互角」の局面です。

旧山崎流は「ローリスク・ハイリターン」な局面が多いと思います。


その3・・・「事前の研究が生きやすい」

最後にコレです。
まあコレは、横歩取り全てのことに言えるんですが・・・

しかしプロ間でもほとんど見られなくなっているので、今旧山崎流を研究しているアマチュアなんて、
ほとんどいないでしょう。

僕も旧山崎流は昔にかなり指し込みましたが、
事前に用意した研究手を正確に返してくる人は、ほぼいませんでした。

それと旧山崎流は一応中住まいに囲えているので、研究手がもし不発でも
簡単には悪くなりません。

横歩取りの先手の中でも、安定して戦える形だと思います。


旧山崎流は「この対策があるからダメ」と理由で指されなくなった戦形ではなく、
「なんとなく」指されなくなった戦形です。

ですので、まだ有力な手は多く埋もれている面白い戦形だと思っています。
興味がある人は、ぜひ研究してみてください。


最後に話しは変わりますが、ここ最近はブログの更新が多いなと思っている人がいるかもしれません。
これは最近はよく将棋のことを考えていたからです。

今月もあと数回は更新する予定です。

もしブログの更新をすぐに知りたい人は、僕のツイッターをフォローして貰えれば、
すぐに通知が行くようにしています。

http://twitter.com/shogineco

よかったらフォローして貰えればと思います。



先手の力戦振り飛車は、どれも超有力。しかし・・・

前の記事で「後手番での角交四間飛車は有力」と書きましたが、
「後手番で有力であれば、先手ならもっと有力なんじゃ?」と思った人もいるかも知れません。

実は全くその通りで、先手では更に有力です。

そして先手の場合は「角交換四間飛車」だけではなく、
「石田流三間飛車」「先手ゴキゲン中飛車」も有力になります。

これらの戦法は振り飛車は居飛車穴熊にも互角以上に戦えますし、
どんな展開になっても、主導権を握りやすいです。

しかし各種の先手力戦振り飛車は「先手」の時には一つデメリットがあります・・・
それは、

「早く振り飛車を宣言するので、後手に相振り飛車を選択肢を与える」

です。

僕は先手振り飛車の時の最強の敵は居飛車ではなく、
「相振り飛車」だと思っています。

だから後手の時に「相手が居飛車」と確認してからしか飛車は振りません。

65418541854_2013121720035330f.jpg
相三間飛車


僕は基本的には居飛車党で飛車は殆ど振らないんですが、
「先手ゴキゲン中飛車」には昔はよく振っていました。

52485418554.jpg

「先手ゴキゲン中飛車の時だけは相振りで対抗する」と言う居飛車党は
結構いるかもしれません。

と言うのも少し昔は、先手ゴキゲン中飛車には居飛車側にあまり良い対策がなく、
若干困っていたからです。

「それだったら力戦系の相振りにしよう」と言うことで、振っていましたね。

今では後手居飛車でも、急戦・持久戦両方に結構良い対策が出てきたので、
もう振らなくなりました。


先手角交換四間飛車の話に戻りますが、先手角交換四間飛車にも後手相振り飛車は
かなりの強敵です。

特に4手目△14歩が相当手強い。

54524158282.jpg

この手の意味は後手は先手にもう一手指してもらって、
その手を見て一番得になりやすい形にしようと言う意味です。

例えば▲16歩なら、△24歩~相振り飛車・▲48玉などには△15歩と端を詰める、
▲66歩と角道を閉じたら、△32飛などで角道を通したままの相振り飛車・・・

などなど、後手がポイントを取りに来ています。

この形で後手がポイントを取りやすい理由として、
▲68飛の四間飛車の形は相振り飛車では、あまり良い形ではないからです。

先手は飛車を88か78に振り直すことが多く、それだと一手損してしまいます。

この先手力戦振り飛車に対しての△14歩は、先手石田流三間飛車にも有効で、
プロ間でも勝率が高いみたいですね。


以上の理由により、自分は先手では角交換四間飛車などの力戦形は、
今のところ指す事はなさそうです。

僕のスタイルは「先手だと居飛車・後手だと力戦振り飛車or居飛車力戦型」
と言う感じになりますね。


相振り飛車にもしっかり対応出来れば、先手力戦振り飛車も有力ですので、
振り飛車党の人はしっかりと勉強しておくべきだと思います。

特に最近出た杉本昌隆七段の本は、必須だと思います。
かなりオススメしておきます。



以下の本もオススメです。


ちょっと指してみたくなって来た、後手角交換四間飛車。

少し久しぶりの更新になります。

実は別に忘れていたわけではなくて、色々考えていたのですが、
中々自分の中で纏まっていないことが多く、書きませんでした。

しかしようやく色々と纏まってきたので、書きたいと思います。

ここ最近考えていた事とは「後手番での有力な戦法」です。

実はちょっと前までは、自分の中での後手番での有力な戦法は、
「横歩取り」と「ダイレクト向かい飛車」でした。

214852478524865.jpg
横歩取り

65454185485.jpg
ダイレクト向かい飛車

と言うのもこれらの戦法は「後手からもチャンスがあれば動ける」可能性があり、
積極性が高いからです。

ただ待つだけで有力な戦法はそこそこありますが、僕はそういう戦法は指したくありません。

この「2つの戦法は有力」とブログにも何回か書いたとこはあると思うのですが、
最近少し考えが変わってきました。

その理由は「定跡の進歩が早過ぎる」と「乱戦になりやすく玉が薄い」です。

「何をいまさら・・・」と思われるかもしれませんが、ここ最近の定跡の進歩は早すぎますね。
特に横歩取りは並のアマチュアでは、ついて行けないレベルだと思います。


そういう事で他の有力戦法を考えていたのですが、考えに考えたすえ行き着いたのが
藤井九段が開発した「角交換四間飛車」です。

54896547854785.jpg
角交換四間飛車

これも「何をいまさら・・・」と思われるかもしれませんが、
僕は角交換四間飛車については、あまり採用する気にはなれませんでした。

何故かというと「手損をする可能性が高い」のが大きな理由。
ダイレクト~も手損はしますが、一手で向かい飛車にできるので、
これはそんなに気になりません。

しかし角交換四間飛車は、一旦四間飛車に振ってから向かい飛車にすることもよくあるので、
これは気になってました。

けれどその手損さえ気にならなければ角交換四間飛車は、
ダイレクト向かい飛車にはないメリットがあります。

主なメリットとして、

1.▲65角の筋がないので、乱戦になりにくい。
2.常に手が広い。
3.現在進行形の戦法なので、色々と工夫できる。


が主なメリットです。


まず1からですが、これが一番大きいメリットと言ってもいいかもしれません。

角交換四間飛車は序盤から乱戦になることはほとんどなく、
最低でも片美濃囲いには組めると思います。

しかしダイレクト向かい飛車は展開によっては様々な囲いで
対応しなければいけません。

たとえば下図。

521454145841.jpg

こうなるとほぼ右玉の囲いと同じです。
お世辞でも硬いとは言えないでしょう。

やはりアマチュア同士の持ち時間の短い将棋では、
「硬い玉」の方が絶対に勝ち易い。

あと自分の個人的な考えですが振り飛車利点は「美濃囲いにスムーズに囲えること」
だと思っています。

ダイレクト向かい飛車では、その利点が使えない場合があります。


次に2ですが、この戦法は序盤から含みが多いです。
例えば基本図の下図。

654854178457874.jpg

角交換四間飛車を指すと大体この形になると思いますが、
後手は次の先手の手に対して、△82玉・△22銀・△22飛・△44歩・・・
など色々と組み合わせがあります。

組み合わせ次第では得をしたりできるので、序盤から面白いですね。


最後に3ですが、これは2と似ています。

とにかく今最も新しい戦法と言っても過言ではないので、
新しい手筋や形がまだまだ埋もれている感じです。

現状後手番の戦法で、これほど色々と工夫できる戦法はないでしょう。
玉もそこそこ固く囲えて乱戦にもなりにくく、研究&知識も活かしやすい。

今だったらアマチュアでは、「相手が研究にバンバン嵌ってくれる戦法」
だと思います。

ゴキゲン中飛車が出てきた時と同じですね。
しっかり勉強していれば、格上にも一発を入れやすい。

そして流行戦法だけあって、相手にすることも多いでしょう。
そういう時にも自分で指していれば、相手のやりたいことなどが解ります。


以上長々と書きましたが後手番では、角交換四間飛車を主力にしたいと思います。
巧く指せるようになりたいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。