スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回 将棋電王戦 第3局 豊島将之七段 vs YSS を観戦した感想。

今回も引き続いて開催されている、
「第3回 将棋電王戦 第3局 豊島将之七段 vs YSS」 を観戦した感想を書きたいと思います。

54158484.jpg

豊島七段の先手で、戦型は横歩取りに。
まだ序盤なので定跡通りに進むかと思っていましたが、YSSは△62玉と指しました。

これはかなり珍しいと思います。

全くない手ではないと思いますが、現時点でこの手がプロ間でほぼ指されていないという事は、
あまり良い手ではない可能性が高いと思いますね。

それとあまり詳しくは知らないんですが、どうもYSSはこの手は結構指すらしいです。
何故だか解りませんが・・・

65215541854.jpg

△62玉に対して豊島七段は猛攻を掛けました。
どうも研究だったみたいです。

この攻めで優勢になるのであれば、話は早いです。

9651965485.jpg

▲21角にどう受けるのかと見ていましたが、△31銀とYSSは受けました。
僕はここでは△25歩だと予想していました。

正直△31銀は、一番まずそうな受けだと感じます。
しかしソフトは受けが強いので、何か人間の気づかない受けの好手を用意しているのかと思いました。

2156325625.jpg

数手進んで図に。
この進行は奇抜な手もなく、自然に進んだ図だと思います。

正確には先手が少し良さそうだとは思いますが、まだまだ大変な局面だと感じました。

21458625896.jpg

豊島七段が少しづつ優勢を拡大して行き図に。
この△88歩は、プレッシャーをかける好手だったと思います。

簡単に受かりそうと思いましたが、じっくり読むと容易では無いと気づきました。
この辺りは、YSSの強さを見せましたね。

654159658_201403291742002a4.jpg

容易ではないかと思いましたが豊島七段の受けが正確で、更にリードを拡大させて行ったと思います。
ハッキリ優勢になりました。

54854854_201403291832566b0.jpg

僕の本局で一番印象に残った手は、この△14金です。
ハッキリ言ってこういう手は、ソフトにしか指せないでしょう。

この手は正直悪手だとは思いますが、こういう手を平気で指せるソフトには、
少し恐ろしさを感じますね。

YSSの根性の入った一手のように感じました。

図の局面はかなり形勢に差が付いていると思うのですが、
ソフト独特の勝負手だと思います。

4589625458548.jpg

YSSも必至に喰らいつこうとしますが、一向に形勢は変わらず、
この▲65桂が決め手に見えました。

以下▲65桂からも手は続きましたが、豊島七段が危なげなく勝ち切りました。


本局は豊島七段の完勝だったでしょう。
豊島七段のYSS対策が、ピンポイントで的中した感じです。

YSSとしては本来の力が出せていない展開になり、
悔いの残る一局だったと思います。

しかし序盤の駒組みさえ克服できれば、一気に強くなれる可能性があるので、
次のコンピューターソフトの大会などに期待したいですね。

これで人間側が待望の1勝を挙げたので、これからどうなって行くか注目し続けたいと思います。



スポンサーサイト

第3回 将棋電王戦 第2局 佐藤紳哉六段 vs やねうら王 を観戦した感想。

何かと話題になっていた電王戦第2局を、観戦した感想を書きたいと思います。
(この記事も本局を観戦したすぐ後に書いています)

625145815.jpg

先手の初手▲16歩から図に。

初手▲16歩は少し驚きましたが、図になってみると数年前からたまに見る、
力戦振り飛車の序盤になっていました。

この形は後手番でも有力なので、先手番だと更に有力だと思います。


965221552.jpg

力戦振り飛車になるかと思いましたが、数手後には藤井システム風の形になっていました。
これには少し驚きました。

角道を閉じた四間飛車は現状先手でも、少し勝ちにくいとされています。
先手なので後手の時よりはマシだと思いますが、それでも大変だと思います。

正直この局面になったときは
「後手にかなりチャンスが来た」と感じました。


965418541854.jpg

後手は一番勝ち易いと言われている居飛車穴熊に。

この▲36歩は少し変わっていますが「少し変わっているだけ」で、
特に狙いはないと思います。


6529654158.jpg

少し進んで図に。
▲56銀は予想していませんでした。

理由として▲56銀型は後手に△72飛などと指された時に、千日手になりやすいと言われているからです。
基本的に後手番で用いる形なので、先手で採用するとは思っていませんでした。

僕ならこの形を見た瞬間、その千日手で揺さぶる順に誘導しようと考えます。
後手の佐藤六段も、てっきりそうするだろうと思っていました。


654159854854.jpg

しかし予想に反して、後手から決戦の順になりました。
けれど僕はこの「後手から決戦」は、あまりしないほうがよかったのでは・・・と思います。

と言うのも、この決戦の順は定跡本などでは「居飛車良し」が多いのですが、
実際指してみると結構難しかったり、穴熊でも実戦的に嫌な順もあると感じています。

ソフト相手に終盤のミスは許されませんし、何より本局は「負けられない戦い」です。
後手番であるのならあまり無理をせず、千日手を狙う方が「勝ちにこだわる指し方」だと思いますね。

千日手を狙えばソフトが、千日手を無理に打開して来る可能性もありますし・・・

これで悪くなった訳ではありませんが決戦の順を見た時は、
嫌な予感がしました。


965415895485.jpg

▲86同角はあまり見ませんがこれもあります。
もし▲86同歩に限定させたければ、△75歩から突き捨てた方が良かったかもしれません。

ここで後手が、少し損をした可能性があります。
(▲86同歩型の方が、確実に決戦の順に出来るため)


62558954158.jpg

決戦の順はあまり良くないと思いましたが、ここで▲25桂と指してくれるのであれば、
成功していると思います。

この▲25桂は明らかに無理筋だからです。

こんな単騎の桂跳ねで、穴熊が潰れる可能性はないですし、
良くなるわけがありません。

もしかすると佐藤六段の研究手かもしれませんね。


96589658.jpg

数手後には後手は駒得に。
この局面を見た時は「後手が正しく指せば勝てる!」と思いました。


9654589548.jpg

△25歩は、より良くしようとした強い手です。
僕は△32金を予想していました。

この辺りは棋風が出ますね。
駒得をしたので、受けに回るのもあったと思います。


625145841854.jpg

桂損をして先手はどうするのかと思っていたら、▲74歩~6筋を突き捨てて継ぎ歩でした。
この継ぎ歩は全く予想してませんでしたね。

しかしよく見るとこの順は、△25歩を咎めています。

正直、佐藤六段は△64歩を突き捨てられた時、この順を軽視していたと思います。
もしかすると完全に、ウッカリしたのではないでしょうか?

この継ぎ歩が嫌なのであれば、突き捨てを△同銀と取ればとよかったですから。
しかし△同銀だと角を切られて、無理やり突破する順がチラチラ見えます。

ソフトの無理攻めが、実戦的に嫌だったのかもしれません。

5896548548.jpg

数手後の△83飛は、相当感触が悪いと感じました。
この辺りで形勢を損ねた可能性が高いと思います。

そしてこの辺りから、佐藤六段の持ち時間も切迫してきました。


96596545854.jpg

進んで図に。

先手に6筋を突破されて、巧い受けもなかったので攻め合いに。
この局面は、もうこれしか無いと思います。

しかしこの順は大迫力で、先手も間違うと即負けます。


14562145621456.jpg

△16桂からの猛攻。
この瞬間は後手玉は、硬くて遠いです。

「後手の猛攻が決まるかもしれない・・・」と思いましたが・・・


54896586258.jpg

しかし▲48金引が味が良い受けの手で、後手が少し足りない様な気がしました。
どこかでこの手は出ると思っていました。

ソフトは本当に、受けが強烈に強いですね。


2145862148625486.jpg

後手の猛攻は続きますが、先手は完璧に受け続けます。
この▲75歩は激辛流だと感じました。


54896545854.jpg

後手の攻めを受け切ってからの反撃は、的確で粘りを許しません。
この▲44角が激痛で、以下先手が勝ちました。


本局は序盤は佐藤六段が少し良さそうだっただけに、
少し残念だったです。

しかし先手のやねうら王も序盤は悪くしましたが、
それ以降は決定的な悪手を指さず、自爆しなかったのは流石だと思いました。

ピッタリと後ろについて、後手にプレッシャーを掛けていました。
それと「普通の四間飛車」で勝ったと言うのも、地味に大きいと思います。

普通の振り飛車ファンにとっては、少し嬉しい勝利かもしれません。


以上が本局を観戦した感想です。
電王戦はまだまだ続くので、また観戦記を書きたいと思いますね。



第3回 将棋電王戦 第1局 菅井竜也五段 vs 習甦 を観戦した感想。

ついに今年も楽しみにしていた「将棋電王戦」が開幕しました。
対局者も全員人気棋士で、全ての対局が注目だと思います。

第一局は、菅井竜也五段 vs 習甦 と言う好カードでした。

本局は僕もこの日は家にいて、比較的長い時間見ることが出来たので、
僕の観戦した感想を書きたいと思います。
(ちなみにこの記事は、この対局を観戦したすぐ後に書いています。)

6548596254186.jpg

菅井五段の先手で、先手ゴキゲン中飛車に。
後手の作戦は今ではあまり見ない△63銀型急戦でした。

正直言ってこの後手の作戦は、あまり上手く行く作戦ではないと思います。
と言うのも、先手でこの形を指して上手く行くかどうかなので、
それより更に一手遅れていると、尚更難しいイメージですね。

大勢の人が、僕と同じ考えだと思います。

65158954895.jpg

進んで△72飛の局面。
これもあまり上手く行くイメージはありません。

先手ゴキゲン中飛車でこう指されたら、少しありがたいと感じますね。

654159658.jpg

進んで図に。
この局面では、先手が少し作戦勝ちだと思いました。

先手は三間飛車に振り直しましたが、通常の三間飛車より相当得をしている感じです。
この局面では菅井五段の、早い勝ちもあるかと思いました。

651495485.jpg

しかしこの▲68角は少し危険だったかもしれません。
ここでは解説されていた鈴木八段推奨の▲88角かと思っていました。

僕の考えですが菅井五段も勿論、▲88角は見えていたと思います。
けれどそれでは△82飛~△72飛の、千日手模様で待たれる手が気になります。

菅井五段は千日手を気にして、少し攻めを呼び込む▲68角を指したのだろうと思いますね。

自陣も硬く少し作戦勝ち模様なので、仕掛けて貰ってカウンターを当てるという
考えだったと推測します。

そしてそれでも、先手が悪くなるとは僕も思いませんでした。

96541585495.jpg

予想通り後手が動いて図に。
しかし実際この局面になると僕は、先手にピッタリした対応がすぐに見えませんでした。

不利になったとは思いませんが、完璧に対応するのは難しいと思います。

954965965.jpg

進んで図に。
この▲67金の局面も悪いとは思いませんが、金が逆に上がるので少し味が悪かったです。

もうここでは先手が実戦的に、勝ちづらい将棋になっている可能性が高いです。

6519654965.jpg

この△46歩はひと目手筋の歩で、相当対応が難しいと思います。
どうも先手が一手遅れている感じで観戦していて、「おかしいな~・・・」と思っていました。

659654596545965.jpg

数手後の△55銀は手厚い・・・盤上この一手でしょう。
ここでソフトが少し指しやすくになったと感じました。

2554646464646.jpg

そして△42飛も好手だと思います。
この△42飛は人間には、相当見えづらい類いの手だと感じました。

パッと見意味が解りづらいですし、玉飛接近の悪形だからです。
しかしこの手を指されて少し局面を見ていると、この手が好手に見えてきました。

何よりこの手の凄いところは、「相当先まで読み切らないと、この手は指せない」と言う所です。
そうでないとこの手は指せません。

他の手でも優勢そうなのに、このリスクの高そうな手をしっかりと読み、
この手を選択して指したという事には、脅威を感じました。

4585484895.jpg

後手が更に形勢のリードを拡大した手は、△54銀と指した局面だと思います。
この手は味が良すぎて「この将棋は勝ちました」と思わせるような手です。

僕は後手陣の形を見て、ちょっと勝てる気がしなかったですね。
手厚すぎます・・・森内竜王名人を思い浮かばせるような手だと思います。

9548598585.jpg

優勢になってからの後手の指し回しは、見事だったと思います。
△52歩などの丁寧で細かい受けが素晴らしかったです。

とても勉強になりました。

5489549545.jpg

一度良くなってからの後手の指し回しは、本当に「硬い」指し回しです。
1%の逆転も許さない手の連続でしたね。

激しく攻めて優勢になれば、局面を静水のように穏やかにする指し回しは、
北斗の拳のトキのような将棋だと感じました・・・

54595485954_201403161538332e1.jpg

終盤の寄せも正確無比で、△35桂で受けはなくなり以下数手で菅井五段は投了されました。
僕は菅井五段はとても好きな棋士で応援していましたが、ちょっと残念な結果になりました。

しかしこの将棋の内容で負かされたのであれば、仕方がないと思います。
後手の習甦は本当に「強い」指し回しだったです。

あまりにも強かったので思わず、「カール君」を思い出してしまいました・・・




習甦は終始先手の手を、正々堂々真正面から受け止める、
とても素晴らしく立派な手を指していました。

これは本当に素晴らしいと思います。
製作者の人を絶賛したいですね。

菅井五段の手も同じように正々堂々していました。
菅井五段も本当に立派でした。

この一局は電王戦における「名局」だったと心から感じます。

以上が僕がこの一局を観戦した感想です。


将棋電王戦はまだこれから続きますが、じっくり見れた将棋はブログに、
観戦記を書いていこうと思っていますね。


将棋本などにつける、おすすめのブックカバー。

僕は将棋本に限らず、結構本を買う方なんですが、
買った本には出来るだけ、ブックカバーを付けるようにしています。

と言うのも、昔買ってすぐの本に飲み物をこぼしてしまって、
汚してしまった事があったからです。

それ以来、水などをはじくブックカバーを付けるようになりました。

あと鞄の中に入れて持ち運ぶことが多いので、ブックカバーを付けていると、
表紙などが傷みにくいですね。

それで今まで、色々なメーカーのブックカバーを使ってきたのですが、
一番おすすめのブックカバーを紹介したいと思います。

そのブックカバーとは「コアデ社」から出ている、
「透明ブックカバーミエミエ」シリーズです。





サイズによって何種類か出ていますね。
このビニールのブックカバーは超オススメです。

サイズが統一されている漫画は、説明されいるサイズを買えば、
ほぼ確実にサイズが合うはずです。
文庫も同じく。

しかし将棋本はサイズが色々あり、合うブックカバーが無い時があります。
そこで僕が知っている限り将棋本に合うサイズの、ブックカバーを書いておきたいと思います。


まず将棋本で一番大きいであろう「将棋年鑑」には、
「B5教科書サイズ」がピッタリ合います。

平成25年版 将棋年鑑

平成25年版 将棋年鑑
価格:4,830円(税5%込、送料別)



他には最近シリーズで出ている有名棋士のムックにも、
このサイズがピッタリ合いますね。





将棋年鑑はページも多く、ダラ~んとなりやすいので、
カバーを付けておくと、多少はピシっとする感じです。


次に最近出ている人気棋士の名局集シリーズや、ページ数の多い棋譜解説集などには
「A5コミックサイズ」がピッタリ合います。





あと将棋世界も、このサイズに入ると思います。
ちなみに・・・



毎年出ているプリキュアの本にも、このサイズがピッタリです。


次にこれも最近良く出ているシリーズですが、
「文庫」の将棋本も「文庫サイズ」のカバーにピッタリ合います。





僕は文庫の将棋本は基本的に持ち歩くので、必ずカバーは付けるようにしていますね。

以上が僕が知っている「確実」にカバーが合う将棋本です。

他にもあるかもしれませんが、他のほとんどの将棋本は僕が調べた所、
「カバーより数ミリ大きい本」が多く、微妙に合いません・・・

本当に「微妙」に合わないんですよね。
昔の将棋連盟の本などは、入る本があったのですが・・・


あとこのブックカバーを出している会社は、
他にも色々カバーを出していて、とても重宝しています。

ここのカバーは凄くしっかり&丈夫に作ってあって、
とても気に入っていますね。




上記以外にもまだ色々あるので、気になった人は調べてみるといいでしょう。
どの商品も良い製品だと感じているので、オススメしておきます。

よかったら使ってみてください。

超絶オススメの漫画、ふくやまけいこさんの「オリヒメ」と「ヒコボシ」。

少し前に素晴らしい漫画を発見しました。

その漫画とは「ふくやまけいこ」さんという方が描いた、
「オリヒメ」とヒコボシ」と言う漫画です。

s-DSCN7808.jpg




この漫画を発見した経緯を説明すると、
ちょっと前にに某掲示板のあるスレッドを見ていて、下の画像が貼られていました。

s-1.jpg

s-2.jpg

s-3.jpg

この3枚の画像が何故か全然関係のないスレに貼られていて見た時に、
「とてもいい感じの漫画だな~」と感じました。

僕はこの漫画を誰が描いたのか凄く知りたくなりました。
しかしこの画像だけでは、誰が描いた何と言う作品なのか全く解りません。

一応自分でググったりしましたが、それでも解らなかったのでツイッターを使い、
「この漫画の詳細を誰か知りませんか~?」と聞いたところ、
たまたま知っている人がいて詳細が判明しました。

それで即行アマゾンで本を注文し、届いてから全部イッキに読みましたが、
本当に素晴らしい漫画だと心から思いました。

ここ10年で買った漫画のベスト3に入ると思います。
「なんでもっと前から、この人の漫画を知らなかったのか・・・」と感じました。


主な内容は各話が数ページの短編で、子供が主人公のお話が多いです。
多くのお話の時代背景は今のような現代ではなく、1970年前後が多いと思います。

ストーリーも身近な生活の中にあるものが多く、なんとなく懐かしいものが多いですね。
雰囲気としては「三丁目の夕日」に少し似ていると感じます。


この漫画を読み自分の幼稚園や、小学生時代のことを思い出していましたが、
さすがに幼稚園時代はほとんど思い出せませんでした。

思い出せることといえば、昆虫が大好きだったことと、
ロボットの玩具や、ブロックが好きだったことくらいです。

小学生時代のことはそこそこ思い出せましたが、ひたすらおもちゃで遊んでいたことと、
ファミコンばっかりやってたと言うことを思い出しました。
(あとアニメもいつも見てた)

友達は多い方だったと思いますが、運動部などには入っていなく、
基本的に自分の家や、友達の家で遊んでばっかりでしたね。

あとこれは昔ニコ生などで少し話したのですが、
僕は子供の頃は、ちょっと恵まれていた方でした・・・

おもちゃ・プラモデル・漫画や、カード類などはいっぱいありました。


ちょっと話が逸れましたが、この2冊の漫画は本当に心からオススメしたいです。
正直言ってあまり知られていないと思うので、多くの人に読んでほしい漫画です。

僕が大絶賛したい漫画の一つですね。
ぜひ買って読んでみてください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。