スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年2~3月にアマゾンで買った物。

僕が2014年2~3月に、アマゾンで買ったものを紹介したいと思います。

ドキドキ!プリキュア オフィシャルコンプリートブック
ドキドキ!プリキュア (ワイドKC)
上北ふたごのお姫さまセット【全4冊】



ドキプリの本2冊と、ふたご先生の絵の絵本。
全部カナリ良い本なので、買って損はないと思います。


E-Value ハンディブロワー EBL-500V



色々使い道のあるハンディブロワー。

今まで使い捨てのスプレーを買っていましたが、買うのがめんどくさくなったため、
これを買いました。

威力もあってカナリ便利ですね。(最強にすると、ちょっと音がうるさいが・・・)


トレーディングカード バインダー



プリキュアデータカードダスが多くなってきたので、
この大きいバインダーを買いました。

このバインダー、多くカードファイルを収納できるのでかなりオススメです。
「もっと早く買っておけばよかった・・・」と思いました。

バインダー自体も丈夫な作りで、とても良いですね。


ボンド アロンアルファ プロ用耐衝撃 #31701 20g



いつも使っている櫛を踏んで折ってしまったので、これを買いました。
柘植の櫛だったのでくっつくか不安でしたが、なんとかくっつきました。


Sentry セントリー 手提金庫 SCB-10



家に置いてあるちょっとしたお金や、カード・印鑑などを入れるために買いました。
値段の割にしっかり作ってあり、かなり使いやすいです。

超オススメ。


A4レターケース 一体型ボディタイプ/4段 ホワイト A4E-04W



大事な書類や、文房具などを纏めて入れておくためにこれを買いました。

文房具などは今までは、適当な箱や入れ物に入れていたんですが、
急に必要になった時、中々見つからないことが多かったです。

これは結構大きくて高さもあるので、全部纏めて入りました。


2~3月にアマゾンで買った物は以上です。
全部良い品だったので、良かったと思います。

スポンサーサイト

第3回 将棋電王戦 第5局 屋敷伸之九段 vs ponanza を観戦した感想。

毎回熱戦が繰り広げられている第3回電王戦も、ついに最後の対局になりました。
第5局はついこの前までA級だった屋敷九段の出番とあって、とても楽しみにしていました。

観戦した感想を書きたいと思います。


652415214524.jpg

屋敷九段の先手で横歩取りに。
そしてまたソフトがよく指すという△62玉が出ました。

この△62玉は色々な所で賛否両論ありますが、
僕はあまり良いイメージはありませんね。

豊島七段戦と同じような、超急戦になったらどうするんだろう?
と思いました。


65415418541.jpg

しかし超急戦にはならなく、お互い駒組みに。
この△43金はソフトらしい手だと思いました。

普通は△43銀でしょう。


96541584185.jpg

飛車を取り合う展開になり図に。
この瞬間は先手は駒損ですが、形成的には互角だと思います。

しかしこういうねじり合いが長そうな展開は、ソフトの得意な展開だと感じました。


96541585418541.jpg

先手も反撃に出て図に。
この▲74歩では端の2手を生かして、▲94歩もあったと思います。

僕は▲94歩を入れた方が攻めのヴァリエーションが増えるので、
そう指したかったですね。

しかしこれも後手玉の急所を攻めているので、先手が悪くなさそうでした。


741485145821.jpg

後手も激しく応戦し、図では飛車と金桂香の交換になっています。

ですが後手の25の金もそっぽで、21の桂や角も使えていないので、
駒の損得だけでは形勢は解らないと思います。

ただこのまま持久戦になると駒損は響いて来ると思うので、
早く攻めを決めて欲しかったです。


521521452.jpg

そして先手も急いで反撃しますが、跳ねた▲65桂も取られる展開になりました。
これで先手の駒損が更に広がり、僕はここで少し後手持ちになりましたね。

まあこれでもまだ難しいのかもしれませんが、さすがに飛車と金桂桂香の交換は、
ちょっと辛いと思います。


14562156214562.jpg

そして本局で一番ソフトらしい手といえば、この△16香でしょう。
人間じゃまず指さないと思います。

相当効率は悪いと思いますが、もうこういう手を指しても優勢だと認識したんだと思います。
しかし後の展開を見ると、さすがに効率が悪過ぎたかもしれません。


85258124514.jpg

何が何でも角を取りたいと言う、ソフトの強い意志を感じました・・・


951585418541.jpg

そしてついに角を捕まえて図に。
人間が指す将棋とは別次元の凄さだと思います。


9625195415.jpg

少し進んで図に。
あの効率の悪そうな香車が、ここまで進撃しました。

さすがにここまでを読んでの指し手とは思えませんが、
確実に攻めを間に合わせるのは流石だと感じます。


9632582145.jpg

そしてどう寄せるのかと見ていたら、いきなりの△79銀。
これで寄っていたら凄いと思いましたが、本当にこれが正しい寄せなのかは少し疑問でした。

結果的にはやはり少し疑問だったのでは・・・?と思います。
普通は解説などでも指摘されていた、△96歩でしょうね。

この辺りから少し混戦模様になりました。


45485415215.jpg

屋敷九段の凄い追い上げで、▲84銀と指してからは形勢不明だと思います。
本当に凄い猛追で驚きました。


621515215.jpg

しかしこの▲81成香がどうだったか。
解説では▲66歩で難解と言われていましたね。

ここでの疑問手は、痛恨のミスに見えました。


96369581.jpg

飛車を投入してなんとか入玉模様にしようとしますが、
急所の銀をボロッと取られる展開は、かなり厳しかったと思います。

以下まだ続きましたが逆転には至らず、後手の勝ちになりました。


本局は序盤~中盤は屋敷九段が少し指せそうだったと思いますが、
中盤の仕掛け辺りで少しミスをしてしまい、駒損が大きく響いたのが痛かったと思います。

やはり人間は必ず何かしたら細かいミスはしてしまうので、
ソフトに粘られる展開はかなり勝ちにくそうですね。

ソフトの異常に強い中盤~終盤をどう戦うか、人間側の課題だと思います。


これで今回の電王戦は人間側の1勝4敗になりましたが、
内容的には全て大熱戦で、見ていてとても面白かったです。

電王戦はとても面白いイベントだと思うので、
来年もぜひ開催してほしいですね。

来年こそ人間のプロチームが、勝って欲しいと思います。




歯は大事にしましょう。

題の通りです。

僕は~健康法とかは特にしていないんですが、歯の手入れだけはしっかりやっているつもりです。
歯は本当に大事にした方がいいです。

きっかけとしては数年前に虫歯を放置してしまい、大後悔したからですね。
その時にこれ以上、自分の歯を失わないようにしようと決意しました。

そこで僕がやっている事と、使っている物を紹介したいと思います。

まずは今使っている歯ブラシから。

ジーシー GC 歯科用 ルシェロ P 20 ピセラ 20本セット
5色×4本 ハンドル 白 全5色 アソート 専用キャップ付




この歯ブラシは僕が行っている歯医者さんの、歯科衛生士さんに勧められて使い始めました。
基本的にスーパーや薬局ではあまり売っていないと思います。

若干高いだけあって高性能で、とても使い心地がいいです。
これを使うと安くて性能の低いブラシは、使う気がなくなります。

ちなみに自分は歯ブラシは、約2週間に一回は変えるようにしています。
最低でも月に一回は変えないと、ブラシの性能が落ちる&不衛生ですね。


GUM ソルティミントスタンディング150G



歯磨き粉はこれを使ってます。

歯磨き粉についてはあまりこだわりはないんですが、
歯周病予防でこれを使っています。


ガム デンタルリンス [レギュラータイプ] 960mL



液体ハミガキも毎日使っています。
これは歯磨きをする前に口に含み洗浄して、それから磨くと言う物です。

使い始めはちょっとメンドクサイのですが、この液体系の歯磨きは超お勧めです。
液体は口の中に完全に行き渡るので、かなり効果的だと思います。

あとアマゾンのレビューなどを見て知ったのですが、これは口内炎などの予防にもなるみたいです。
口の中の細菌を、殺菌してくれるみたいですね。


クリアクリーンデンタルリンス 1000ml



寝る前の歯磨きをした後の仕上げ濯ぎには、
この液体ハミガキを使っています。

口の中の細菌は、就寝中に一番増えるらしいので、
これでだいぶ対策が出来ると思います。


幅広フロス



歯磨きをした後には、フロスを使って更に綺麗にしています。
この幅広フロスはとてもオススメです。

普通のフロスより幅広なので汚れが落としやすく、
とても使いやすいです。

超オススメ。


リーチ デンタルフロス ワックス 50m



最後に上の幅広フロスでは入りづらかった所には、
この糸状のフロスを使って綺麗にします。

これも使い易く、とても気に入ってます。

以上が僕の使っているデンタルケア用品です。

そして3ヶ月に一回は行きつけの歯医者さんに行き、
歯科衛生士さんに、歯の掃除と歯・歯茎の検診などをして貰っています。

おかげでここ数年は虫歯はもちろん、歯・歯茎のトラブルはほぼないです。


やはり長く元気に過ごすには運動なども大事ですが、
「栄養のあるものをバランスよく食べる」と言うことが一番大事だと思います。

それを実行するには歯がないと実行できません。

口腔ケアは絶対やっといて損はないと思うので、
出来るだけした方がいいと思いますね。


第3回 将棋電王戦 第4局 森下卓九段 vs ツツカナ を観戦した感想。

今回も引き続き開催されている、
「第3回 将棋電王戦 第4局 森下卓九段 vs ツツカナ」を観戦した感想を書きたいと思います。

96548529654.jpg

ツツカナの先手で戦型は矢倉に。
この▲88玉に代えて▲15歩は珍しいと思います。

他には▲26歩と突いて、加藤流にするのもあるでしょう。
この辺りの序盤の駒組みは、色々な含みが多く難しいですね。


65965485.jpg

進んで図に。
この局面は若干後手が、巧く指した感じがしました。

森下九段の力も発揮できそうな局面で、熱戦になる予感がしました。


6541584185.jpg

▲15歩型を生かしてスズメ指しをするのかと思いましたが、
後手の4筋の位に反発する指し方に。

真っ向勝負する指し方ですが、端に2手掛けているので、
これで良くなるイメージは、あまりありませんでした。


65495485.jpg

森下九段も最強の反発。
後手もかなり戦えていると思います。


96548985485.jpg

この△46歩は怖い手に見えました。

しかし先手からもこの歩を取るタイミングが難しいので、
森下九段の深い読みの入った一手だと思います。


85418954854.jpg

▲26歩~▲17桂は、本筋の手だと思います。
さすがですね。


6521596595.jpg

▲56歩といきなり激しくなりましたが、ここは難しかったと思います。
▲96歩などもあったとは思いますが、端の付き合いは損と見たのでしょう。

後手から見ると、この手は有難い感じがすると思います。


655965484.jpg

金銀の交換から更に後手が駒得になりそうで、この局面は若干後手が良さそうに見えました。
ソフトの形勢判断は独特で、こういう所に人間は感覚を狂わされてしまうんでしょうね。


65145841584.jpg

そして角金交換になりましたが、この局面は相当難解だと思います。

この局面で僕は「後手が駒得で悪いはずないよな・・・」と思いじっくり考えたのですが、
よ~く考えると先手の4・5筋の厚みと位もかなり大きく、後手を持って自信がなくなってきました。

この局面を互角以上に戦えると判断する、ソフトの形勢判断は凄いですね。


5485418541.jpg

△59角は少しやり過ぎにも見えました。
△81飛や△94歩なども、あったかもしれません。

9854195485.jpg

形勢は難しいですが△57歩は、上手く手を渡す好手に見えました。
森下九段がプロらしい手で、力を出されていると思います。


65415965454.jpg

ツツカナもツツカナで、じっと力を貯める手を指していて感心しました。
ソフトは「自分から崩れる手」は全く指しませんね。

しかしここからの森下九段と、ツツカナの手順は驚愕の手順でした。


9654596854.jpg

△58歩成~△38金には驚きました。
本局の一番印象に残る手です。


3214584185.jpg

そしてそれに対する▲57金にも驚きです。
変に角を逃げるより、局面をスッキリさせたほうが良いという判断何でしょう。

あと先手は歩得なのも大きいです。

結果的にこのツツカナの手順は妙手で、ここから完全に先手優勢になったと思いました。


6541554854854.jpg

一度優勢になってからのツツカナの指し手は、堅実で確実な手ばかりで、
逆転を一切許さない手の連続でした。

この▲43金も細かい手で、本当に強いと思います。
完璧ですね。


9654954854.jpg

寄せも絶対に間違えないのも凄いですね。
強すぎます。


7489658965.jpg

そしてこの▲54角が気づきにくい決め手で、以下先手のツツカナが勝ちました。


本局は序盤~中盤は森下九段にも、良くなる順があった可能性が高いと思います。
感想戦&その後の検討が載った専門誌を早く読みたいです。

そして良くなってからのツツカナの指し手と、形勢判断の正確さは凄かったと思います。
どのソフトもそうですが、形勢判断が去年より格段にアップしていますね。

あと個人的に感じたのは「玉の広さと厚み」を生かす指し方も去年より、
数段アップしている気がしました。

相矢倉の全ての駒が活躍する、とても面白い将棋だったと思います。
互角の局面が長く続き、凄く楽しめました。

電王戦は来週で最後ですが、来週もとても楽しみです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。