2015年上半期(1~8月)の、買っておくべき将棋本。

2015年も半分以上過ぎましたが、上半期だけでも多くの将棋本が出ましたね。

そこで僕が個人的に「コレは買っておけ!!!」と思う本を、
理由とともに書いていきたいと思います。

では月別に書いていきましょう。

1月



1月は、この2冊です。

まず久保九段と菅井六段の本ですが、この本は超面白いです。
基本的に振り飛車党の人が読む本だとは思いますが、誰が読んでも面白いでしょう。
将棋をよく指すと言う人は、絶対読むべきだと思いますね。

次に畠山鎮七段の矢倉の本ですが、とても細かいところまで書かれていると思います。
矢倉を指すのであれば、読んで損は無いでしょう。

2月



2月は、この3冊です。

まず羽生名人の本ですが、ちょっと前に書いた記事通り買っておくべきでしょう。
もし絶版などになってしまって手に入らなくなったら、泣くレベルだと思います。

次は田中五段の本ですが、力戦向かい飛車の定跡本は珍しいと思います。
結構前に高崎六段が同じような本を出されているのですが、それから数年経っているだけあって、
色々と新手が載っていますね。

力戦向かい飛車の本はあまり出ないので、ぜひ持っておきたい。

次の長岡六段の本は、角換わりの次の一手問題集です。
角換わりを指すにあたっての基礎を鍛えるのに、丁度いいと思います。


3月



3月は、この1冊。
この本は絶対持っておくべきだと思います。

四間飛車穴熊はプロではあまり見ませんが、アマチュアではまだまだ大人気戦法です。
実際出会うことも多く、最低限の知識は持っておきたい。

内容もカナリ濃く、この先しばらくはこの本が教科書になると思いますね。


4月



4月は、この2冊

佐藤七段の本ですが、対振り穴銀冠の本はかなり珍しい。
僕は対振り穴には銀冠はまず指しませんが、この先もしかしたら指すかもしれないので、
その時のために買っておきました。

次に大平七段の本ですが、この本は予想していた以上に面白かったです。

有段者であればなんとなく知っているような事が多いですが、
中にはなるほど思うことも書いてあり、考え方の復習にはとても良いと思います。


5月



5月は、この3冊です。

まず天野アマの本ですが、あまり見たことのない奇襲戦法の本です。
恐らくこの奇襲戦法の本は、これから出る可能性がないと思うので、
もし出くわした時に、参考になると思います。

次に中座七段の本ですが、横歩取りを指したり指されたりするのであれば、
持っておきたい本だと思います。

最後に北島七段の相穴熊の本ですが、これは絶対買っておくと役に立つでしょう。
相穴熊の本は数年に出るか出ないかくらいの頻度なので、
かなり貴重だと思います。

アマチュアでは相穴熊は一つの主戦場なので、絶対手元に置いておきたいですね。


6月



6月は、この3冊です。

まず最近何かと話題の加藤九段の本ですが、主に棒銀VS振り飛車の本になっています。

正直言って対振り飛車棒銀の定跡は、結構な数の本に載っていると思いますが、
なんせ「ミスター棒銀」こと加藤九段の本ですから、ファンであれば買っておいてもいいと思います。
(加藤九段はあまり本を出されませんし・・・・)

次に吉田六段の横歩取りの本ですが、中座七段の本と違ってこちらは、
色々な形の横歩取りを紹介されていますね。

横歩取りカタログのようなこの本ですが、それぞれの形に吉田六段の感想みたいな事が書いてあり、
それがどれも実戦的でとても面白い
と思います。

吉田六段の将棋本はどれも、とても出来がいいと感じますね。

最後の穴熊の棋譜集ですが、これはこれから戦型ごとにシリーズ化されていくみたいなので、
買っておくといいと思います。

基本的に僕の将棋の勉強方法は「棋譜並べ」なので、棋譜集は買うようにはしていますね。

あとこの本には「穴熊使いで有名なプロ」のインタビューなどが載っているのですが、
一番有名であろう福崎九段のインタビューが、とても面白かったです。


7月



7月は、この3冊です。

まず名人戦の観戦記を纏めた本ですが、こちらは毎日新聞の観戦記を纏めた本です。

朝日新聞からも同じような本が出ていますが、僕はハードカバーの分厚い本が好きなので、
こちらを毎年買っていますね。

ちょっと高いだけあって、本自体の出来はかなりいいと思います。
ページなどもとてもしっかり出来ているので、僕は気に入っています。

次は矢倉七段の「矢倉流中飛車」の定跡本です。

矢倉流中飛車に対しては前に記事にしたこともあるように、「少し振り飛車側が苦しい」
と感じていたのですが、この本には初めて見る手も結構載っており
「まだ工夫すればどうにか戦えるかも・・・・」と感じるようになりました。

振り飛車側も最善を尽くせば、まだまだ難しい戦法なのだと思います。

矢倉流中飛車の本もポンポン出る本ではないので、
持っておくと必ず役に立つと思いますね。

最後は将棋世界の通称「イメ読み」を纏めた本です。
このシリーズも、もうお馴染みになりましたね。

トップ棋士の色々な意見が聞けて、とても面白いと思います。


8月



最後の8月は、この1冊です。

山崎八段の最新の一手損角換わりの本。
山崎八段が定跡本を出すのは珍しく、一手損角換わり自体の本も貴重だと思います。

この本はこの記事を書いている時点では、まだ出て数日しか経っていないので
まだパラパラと読んだだけなのですが、出来はカナリ良いと思います。

一手損角換わりを指すのであれば、必須級でしょう。
現時点での最新研究が載っています。

一手損角換わりについては僕は、あまりいいイメージは持ってなかったのですが、
この本には後手が戦える変化も結構載っており、「もう一度研究してみようかな」と言う気になりました。

特に載っている「糸谷流△73銀」は、とても可能性を感じましたね。
これから流行する可能性が高いと思います。

居飛車を指すのであれば「一手損角換わり」は、後手が完全に誘導できる戦法なので、
指される側も対策は必須
です。

この本は、とても心強い武器になると思います。


以上でとりあえず、僕が思う上半期の買っておきたい将棋本です。

ちなみに「てめぇ!まさか適当に挙げただけじゃねーだろーな!」と思う人がいるかもしれませんが、
「上に挙げた本は、僕は全部買っている」ので、そういう事はないので安心して下さい・・・

あとこれから買った将棋本は、簡単にブログでレビューしていこうと思います。
簡単なレビューであればサッと書けますし、そこそこの頻度でブログが更新できますから。

アマゾンのレビューなどと違ってここは「自分のブログ」なので、好きなことを書けますし・・・

そういう事で、頑張って行きマンモス。



スポンサーサイト

ブログの存在は、忘れてませんよぉぉぉぉぉ~!!!

またしばらく、自分のブログを放置してしまった・・・

ごめーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!
マジでごめーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!

僕のブログを定期的に見てくれる人達は、日本に6人くらいはいるかもしれませんが・・・・

もーーーーーーしわけねーーーーーーーーーー!!!



実は将棋に関しては全くネタがないワケじゃないんですけど・・・ずっと頭の中で構想を練ってはいるんですが、
ブログに書くとなると変なことは書けないので、どうしても記事にするには時間が掛かるのです・・・

あとこの前に「適当な話題のネタも書く」とは言ったのですが、
その「適当な話題」も特になく、完全放置になったと言うワケです。

ちなみに適当な話題はツイッターに書くことが多く、ブログにアップする程の事もあんまりない感じです。


久しぶりの更新なので「てめぇ、最近将棋してんのかよ?」と思う人もいるかもしれませんが、将棋に関しては、

「指してはいないが、テレビ将棋・中継される将棋・将棋世界・最新定跡本等は必ずチェックしている」と言う状況なので、
最新形などの知識は最低限はあるつもりです。

将棋以外についてはつい数日前から、積んでいるガンプラをボチボチ作り始めました・・・
また完成したガンプラは、ブログ上げていこうと思っています。

TVゲームはこの1年、ほとんどしていません。(ウル4が飽きたため)
恐らくもうPS4で出るアンチャーテッドか、ストリートファイター5が出るまではやらないでしょう。
(ネット・携帯のゲームも全くしてない)

アニメとか漫画のこともついでに書くと、特に「これにハマりだした!」というのも全くなく、
アイカツ!など今まで見ているものを、継続して見ていると言う状況です。

集めている漫画は「CLAYMORE」が終わってしまったので、「おとめ妖怪ざくろ」だけになりました。

以上僕の趣味関係のことを書きましたが、特に変わったことはない感じです。

「なんか面白そうなことがあればやってみよう」とは思っているんですが、
今から始めるのは何かと大変なので(道具とか揃えるなど)、手を出す気もあまり起きないですね。


ちょっと話が長くなりましたが、もう長期間のブログ放置はないようにしていきたいと
思っています。

猫ちゃんはやめへんで~。