対ゴキゲン中飛車▲78金型・馬作り定跡での面白そうな手。

対ゴキゲン中飛車▲78金型・馬作り定跡での居飛車側で、
ちょっと面白い手を見かけたので、紹介したいと思います。

2010-01-12a_20100113173612.png

この局面は、最近良く見かけると思います。
△25歩に対して多くは▲66歩が一番実戦例が多いと思いますが、
ここで面白い手がありました。

2010-01-12b_20100113173612.png

それは▲16歩です。
この手はあまり見かけませんが、ちゃんと狙いはあります。

例として図から△55歩が一番普通に見えますが、△55歩などには・・・

2010-01-12c_20100113173612.png

▲17桂!と端に桂を跳ねます。
これで▲25桂は受かりません。

▲17桂には△54飛▲35馬が普通でしょうか?

2010-01-12d_20100113173612.png

この局面は▲25桂が相変わらず受からないので、若干居飛車が指せる様な気がします。
まあ玉が▲69玉の悪い位置なので、まだまだ先は長いと思いますが・・・

▲25桂が実現すれば、先手は馬と一歩得を主張して、
じっくり指す方針で進めていけば、優勢になり易いとは思います。

よかったら実戦で試してみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト
阿久津七段の本「必ず役立つプロの常識」も、かなりオススメ。 | Home | 今日からこっちで、ブログを更新して行きま~す。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する