ゴキゲン中飛車対策は、ストレート穴熊で安定か。

先手・後手問わず、現在大流行中のゴキゲン中飛車。
居飛車党の人は結構対策に、頭を悩ませている人も多いと思います。

僕は今現在、ゴキゲン中飛車にはストレート穴熊が最有力と感じています。

a.png

この対策は時々、ブログに書いたりしていたんですが、
ちゃんと勉強してみたら、更に有力だと感じました。

まず第一点に、「先後両方で使える」と言う事があります。
これはあまり将棋の勉強を出来ない人(しない人)には、かなり嬉しい。

プロレベルでは、一手の差はカナリ大きいと思うんですが、
アマチュアでは、まったく気にしなくてOKだと思います。

これ一本で十分対抗できると思います。


第二点に、「実戦的に勝ち易そう」と言う事。
やはり穴熊に囲ってしまえば堅く&遠いです。

ゴキゲン側も穴熊にすれば同じになるんですが、
居飛車側の方が先に囲えるのと、手順を尽くせば先攻されにくいと言う事も大きいです。

組み合えばよほどの場合、一方的に負けることは無いと思いますね。

ゴキゲン側が美濃囲いから、先攻する順などもある事はあると思いますが、
その場合はゴキゲン側も手順を尽くさなければいけないですし、失敗した時のリスクも大きい。
最速で攻めなければいけないので、玉側の端歩さえも省略しなければならないと思います。


あと僕の個人的な考えなんですが、対振り飛車戦で美濃囲いの端歩を突かせずに戦いが始まった場合は、
それだけで「カナリ居飛車側がポイントを稼いでいる」と言う認識をしています。

これは僕が元々振り飛車党だから言うのですが、
端歩を突いていない美濃囲いで戦っていた時は、大体負けていたと記憶しています。

端攻めされないと言うメリットもあるのですが、やはり玉が狭いデメリットの方が大きいと思いますね。


以上の理由でゴキゲン中飛車対策には現在のところ、
ストレート穴熊がカナリ有力と思っています。

そして丁度少し前に、遠山プロの本も出ました。
これを読めば即戦力になると思います。
(僕のブログを読んでいる人には、ぜひ買って読んで欲しいです)



関連記事
スポンサーサイト
今現在の、対旧山崎流対策に有力と思っている手。 | Home | 大野の振飛車 大野八段自戦記実戦名局30番

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する