スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対後手ゴキゲン中飛車 丸山ワクチン▲58金右型。

ゴキゲン中飛車対策として、「丸山ワクチン」と言う形があるのですが、
それに似ている形で、少し気になっている形があります。

丸山ワクチンと言うと今では「角を交換して▲9筋を突いて▲78銀と指す」形が
もう常識になっているわけですが、端歩を突かずに▲58金右と言う形が少し気になっています。

2010-04-19a_20100419024117.png

この形は、プロの実戦例でもあることはあるんですが、
何故かあまり見なく、初めて見た人もいると思います。

なんであまり指されないか自分なりに考えたんですけど、
この手のデメリットは、後手から2筋で棒銀にされた時、
▲38金と上がれない・39に隙があるくらいしか思いつきませんでした。

しかしこの形、それ以外のことについては優秀だと思います。
なんと言っても「穴熊に普通の手順で組めそう」と言うのがかなり魅力的。

2010-04-19b_20100419024117.png

普通に組んだ場合、図の様になると思います。
まだまだ形勢に差はついていませんが、やはり勝ち易さは先手でしょう。
(かなり強い人は、図で後手が少し手得をしているのに気づくと思いますが、
 それは後手からの棒銀を、手損して阻止したからです。)


この▲58金型ワクチンは、定跡本などにもほとんど載っていなく、
アマチュアでは研究すれば、かなり勝てそうな気がします。

よかったら研究してみてください。



関連記事
スポンサーサイト
5月1日に、京都の古本祭りに行ってきました。 | Home | 今現在の、対旧山崎流対策に有力と思っている手。

コメント

No Subject

こんな手があったとは!!
猫さんの将棋の話は勉強になります><

質問ですが、↓について詳しく教えていただけませんか?
逆棒銀の成立条件みたいなのがあって、ソレを阻止する動きがあったのでしょうか?

>(かなり強い人は、図で後手が少し手得をしているのに気づくと思いますが、
> それは後手からの棒銀を、手損して阻止したからです。)

2011/08/14 (Sun) 11:03 | #- | URL | 編集
No Subject

手損で逆棒銀を阻止した手とは、先手から▲53角と打つ手ですね。

いいタイミングで▲53角と打つと、後手は馬を作られるとまずいので、
△44角と打つ瞬間があります。

先手は△44角と合わされると取る一手となり、▲同角成△同銀と進み手損になるんですが、
銀を44に動かせたと言う見方もあり、逆棒銀を防いだ事になります。

この記事の定跡は、豊島六段の本に載っているので、
豊島六段の本を読むと、詳しく理解する事が出来ると思いますよ。

2011/08/14 (Sun) 11:49 | 将棋猫 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。