スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「現代将棋の急所」は超オススメ本。

僕は時々古本屋さんなどを回って、将棋の古本などを買う時があるんですが、
最近買った将棋の古本の中で、凄く良い本を見つけました。

それは、(故)山田道美九段が書いた、「現代将棋の急所」と言う本です。

1232.jpg
現代将棋の急所

山田道美九段と言う人は、将棋暦がそこそこ長ければ、
一度は聞いた事のある棋士だと思います。(詳しくはウィキ参照)

対振り飛車の「山田定跡」を整備した棋士として有名ですね。

この本、名前に「現代将棋」とありますが、
当時で言う現代のことで、西暦に直すと1960~70年代にあたります。

そういう事で、掲載されている定跡はかなり古いんですが、
この本には、凄まじく研究した記録が載っています。

そして今ではあまり書かれる事が少ないと思われる、
「将棋についての考え方」「局面の捉え方」「上達の仕方」などが
とても多く&詳しく書かれている、貴重な本だと僕は思います。

あと定跡以外にも、詰め将棋や必至問題もあり、
「将棋総合本」になっていますね。

(先ほど「定跡はかなり古い」と書きましたが、
 戦形が古いだけで、まだまだ使える定跡もあると思います。)


最近は最新の定跡本が多く出版されていて、僕も買っているんですが、
僕が一番面白く読んでいる本は、この現代将棋の急所です。

とても多くの勉強になる事が書いてあり、目から鱗でした。
あとこの本を書いた山田九段は、超真面目で将棋に対する敬意&情熱の
凄まじさも超感じましたね。

この本は本当にオススメします。将棋本の中でもかなりの名著だと思います。
特に「最近伸び悩んでるな~」「本筋の手を指したいな~」「上達の仕方が解からない」
などと感じている人にはオススメしておきます。
(初心者にも勿論オススメです)

今ならアマゾンでも、古本なら安く買えるみたいなんで、
興味のある人は買ってみるといいと思います。


関連記事
スポンサーサイト
「イメージと読みの将棋観2」が、もう少しで発売!!! | Home | 5月1日に、京都の古本祭りに行ってきました。

コメント

NoTitle

この本の美濃崩しがすごくよかったです。

2010/05/21 (Fri) 07:56 | muhamado #- | URL | 編集
NoTitle

美濃囲いの崩し方も詳しく載っていましたね。
色々な事が多く載っていて、超便利な本だと思います。

2010/05/21 (Fri) 19:06 | 将棋猫 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。