スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dr研究会課題局面(▲76歩△34歩▲75歩)

今回の研究会の課題図は、▲76歩△34歩▲75歩の局面。

1.png

現在流行中の先手石田流を目指した局面です。
僕はほとんど後手を持って指すので、後手での対策を考えたいと思います。

(ブログで過去にも何度か、対石田流のことは書いていますが、
 考え方も少し変わっている所もあると思うので、改めて書きたいと思います。)

今現在、一番面白そうと思う対策は、
4手目角交換型です。

2.png

これは手損になるんですが、先手は簡単には石田流に組めないので、
後手も面白いと思います。

この角交換には、▲同銀と▲同飛があるんですが、▲同銀の方は今回は省略します。
(▲同銀の方は、▲75歩が負担になる可能性がある)

図から▲同飛△45角▲76角△42玉▲38銀△54角▲78飛△76角▲同飛△28角が、
タイトル戦にでも出現した手順で、最強の順だと思います。
恐らくほぼ一本道でしょう。

4.png

▲38金ならば穏やかですが、美濃囲いに組めなくなるので、
振り飛車側はやる気しないと思います。

図からも変化はありますが本筋は、▲74歩△同歩▲55角△33桂▲82角成△同銀▲18飛△39角打
だと思います。

5.png

この順もタイトル戦の順なんですが、図からはすぐに角を取って馬を消すか、
▲68銀としてから角を取って馬を消すかだと思います。

どちらにしても先手駒特にはなるんですが、
18に打った飛車があまりにも悪形&玉も固めにくく、実戦的には後手が勝ちやすいと思っています。

タイトル戦で出現した手順の知識・自分なりの研究をしていれば、
相当勝てると思います。

4手目角交換が一番注目しているので、詳しく書きましたが、
他に有力と思っているのは、△42玉型と△85歩型です。

7.png
△42玉型

8.png
△85歩型

△42玉型は、自分が一番指した事の多い対策だと思います。
これには先手は▲66歩と指させる事が出来るので、比較的じっくりした戦いになることが多いです。

正直言って、△42玉型~ストレートに穴熊にしてもアマチュア同士であれば、
かなり戦えると思います。

まあしっかり指されれば、居飛車側が少し苦労する展開にはなると思いますが・・・
しかしそれも一手緩めば居飛車側も指せる局面になると思うので、そんなに差はないでしょう。

もし穴熊に自信がなければ、美濃囲い・銀冠にもスイッチ出来るので、
かなり優秀な作戦だと思います。
安定度では、ナンバーワンかもしれませんね。


△85歩型は先手の石田流を、真正面から迎え撃つ形です。
ちょっと怖いかもしれませんが、しっかり勉強していればそう簡単に悪くなりません。

むしろ居飛車側が良くなる変化の方が、多いような気がします。

石田流側からも色々動く手がありますが、これも正確に指せないと、
簡単には良くはならないと思いますね。

石田流側の方が指し手は難しいと思います。


居飛車側から見た石田流対策は、以上の3つが自分の中では有力だと思っています。
1つの戦法に対し、3つ以上対策があれば安心して戦えます。

3つをサイクルして戦えるので、対策には困りません。


あと、もしこの石田流対策がすべて自信がなくなった時の事も考えて、
最終兵器も用意しています。

それは「相振り飛車にする」です。相振り飛車は対石田流の最終兵器として、
取ってあります。

まあ発動することは、まだまだないと思いますが・・・


以上今回の研究局面についての、僕の考えは終わりです。




関連記事
スポンサーサイト
対△85飛車最新流行形は超難解。 | Home | 大和証券杯ネット将棋・最強戦2回戦 森内九段VS広瀬六段戦は、森内九段の快勝。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。