対△85飛車最新流行形は超難解。

一時期激減した△85飛車戦法なんですが、ここ最近では大復活を遂げています。
この間の名人戦でも、4局中3局が横歩取りでした。

その名人戦でも出た最新の△85飛車対策の中で、ちょっと気になる形があります。
それが下の図。

a_20100727174817.png

角交換して▲77桂と跳ねる対策です。
この指し方はなんか最近、よく目にするような気がしますね。

この対策が気になった理由としては、まず先手が先攻できるからです。
攻撃力の高い△85飛車に対し、先攻して先にダメージを与えられるのであれば、
それは魅力的でしょう。

図からは、△84飛▲75歩△51金▲68銀△94歩▲86歩△93桂が定跡。
後手の桂馬が93に行かせられるのも、先手のポイントだと思います。

b_20100727174817.png

図からも先手は積極的に動き、
▲74歩△同歩(同飛は▲82角で先手良し)▲72歩△81飛▲96歩△75歩▲71歩成△同飛▲82角が
名人戦での進行。

c_20100727174817.png

手順は長いんですけど、ここまでの指し手はほぼ必然に見えます。
なんせ後手は羽生名人が指した手ですから、ほぼ正解だと思われます。

しかしこの▲82角からは△81飛か△74飛で、大きく分岐します。
けれどやはり名人戦で出た△81飛が有力で、△74飛は少し後手が苦しい可能性が高いと思います。

名人戦ではその後、羽生名人が△76角と言う驚きの手を繰り出して苦しいながらも
逆転に成功し、後手が勝ちになりました。


それで△76角以降、名人戦の進行で自分なりに研究してみたんですが、
これが超難解でした。

名人戦では後手が△67角成~先手の飛車を抜き、先手の猛攻を凌いで反撃に転じ
勝ったんですが先手の攻めもギリギリで、甘い手を指すと後手からの反撃も厳しい感じでした。

やはり先手が駒得でも2枚の飛車は強烈で、アマチュア同士であれば後手が勝ちやすいかもしれません。

そこでちょっと気になる手を発見しました。
それは△76角に対し▲73歩ではなく、▲24飛です。

g_20100727180142.png

この手は将棋世界に載っていて、佐藤九段が発見した手です。
△86飛~67角の飛車の素抜きを消して、飛車を横にも使おうとする軽い手に見えます。

図からは△86飛▲88歩と一回は我慢して、先手の馬と後手の生角の差を主張して
指して行く方針です。▲66馬~75馬が回れば大優勢になります。
(ちなみに▲88歩に対し△87歩は、▲79銀で受かる)

この指し方は凄く有力に見えました。
やはり馬は大きいですし、後手も歩しかないので攻めも難しい感じがします。

先手は指したい手が多くあるのに対し、後手はどうやって組み立てて行くのか、
ちょっと僕には解らないですね。

今のところ先手を持って指したい感じです。

この最新の形は定跡書も出ておらず、自分で研究すればかなり勝てる気がします。
よかったら研究してみて下さい。




ちなみに最近出た激指定跡道場2には、定跡が入ってて解説もありました。
(将棋世界の▲24飛車は、さすがになかったですけど・・・)
さすが最新の定跡ソフトだけあって、情報は早いですね。
感心しました。



関連記事
スポンサーサイト
対△85飛車▲68玉型も、調べてみると色々面白そう。 | Home | dr研究会課題局面(▲76歩△34歩▲75歩)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する