「咎狩(トガリ)」が再刊行開始&「咎狩 白」の最新刊が発売中!!!

「咎狩(トガリ)」が再刊行開始&「咎狩 白」の最新刊が発売中になっているみたいです。





この「咎狩(トガリ)」と言う漫画を知っている人はいるでしょうか?
今から10数年前に、週間少年サンデーで連載されていた漫画です。

たぶんあんまり知られていなく、超マイナーな漫画だとは思うんですが
僕はかなり好きで、超面白かったです。毎週夢中になって読んでました。


どんなストーリーかと言うと、

生前、極悪非道の人斬りであった主人公・統兵衛は地獄に落ちてからの300年間、
反省もせずに逃亡を企てる日々であった。

ある日、地獄の首魁・エマは統兵衛に咎狩という罪が実体化した咎を集める木刀を授け、
現世の罪狩りを命じる。期限は108日。

その間に108の罪を集める事。
その間は自由の身となるが、罪を犯そうとすると首が落ちて死ぬようになっている。

一方、現世の少女・いつきは連続殺人犯に狙われ、殺されそうになっていた。
その時、統兵衛が現世に現れ、殺人犯の罪を回収することになる。
(wikiより)

と言うストーリー。
あんまりこう言うストーリーは少ないと思います。

この漫画は1話1話のお話がとてもよく考えられ、そして敵の「咎」とのバトルシーンも
迫力があり、流れるようなコマ割でどんどん引き込まれます。


実はこの流れるような戦闘シーンにはルーツがあり、この作者の「夏目義徳」と言う人は、
「ARMS」などで有名な、皆川さんの弟子に当たる人みたいです。

(この人はあの有名な「メタルギアソリッド」の、デザイナーなどもしていました。)



これは最近知りました・・・
皆川さんのARMSは、数多くある僕が好きな漫画のベスト3に入る漫画。
(このブログのアドレスにもある「chesirecat」は、不思議の国のアリスに出てくる「チシャ猫」の
 意味もあるんですが、ARMSに出てくる「チシャ猫のキース・グリーン」にも少し掛かっています。)


そしてその「咎狩」の続編でもある「咎狩 白」の第2巻も発売されています。

この「咎狩 白」と言う続編が出ているのも、最近知りました。
どうやら「咎狩」が終わってから、7年の空白期間があっての再開みたいです。

書店には2巻しか置いていなかったので、また第1巻も買っておこうと思います。

この「咎狩」シリーズは超絶面白いです。
よかったら一度、読んでみてください。

関連記事
スポンサーサイト
最近見始めたアニメ「おとめ妖怪 ざくろ」 | Home | dr研究会課題局面(対△85飛車▲中住まい)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する