後手72飛車(袖飛車)戦法は、かなり真面目な戦法で超有力。

ここ最近の将棋界は「後手番での戦法」がとても重要で、
「後手番で何をするか?」が、そのまま勝率に影響していると思います。

今現在では、
「ゴキゲン中飛車」・「一手損角換わり」・「角交換型の力戦振り飛車」・「横歩取り△85飛車」
が有力で、ほぼ互角の成績になっていると思います。

しかしこれらの戦法はここ数年で、爆発的に流行し始めたため
凄まじい勢いで定跡化しており「ある変化を知らなければ、そのまま負ける」と言う
事が多すぎて、アマチュアには少し指し辛い戦法だと思います。

僕もその中の一人です。


そこで僕が個人的に数年前から「これはカナリ有力な戦法なんじゃないか?」と
思っている戦法があります。

それが題の通りの「後手72飛車(袖飛車)戦法」です。

a_20101208172704.png
△72飛車戦法

この戦法は後手番の、対居飛車戦で指す戦法です。
先手でも出来ますが、先手でやると若干損だと思います。

実は△72飛車戦法は去年、少しプロ間でも指されていたんですが、
大流行にはなりませんでした。
(将棋世界に付録なども付いていた)


この△72飛車戦法は昔から存在していたんですが、「奇襲戦法」として認識が
されていると思います。

しかしこの戦法、僕が調べた限りでは具体的に咎める順がなく、
一気に潰れる事はありません。

そして何より魅力的なのが「ほぼ定跡化されていない」と言うところ。
定跡の本も「この戦法だけ」説明している本は出ていません。


その為、自分で研究すればするほど有利になりやすい&経験値が物を言う
と言うことになり、アマチュアでは特に有力だと思います。

僕も昔この戦法を研究するため、少し勉強&研究をして実戦で指していたのですが、
そこそこの実力の有段者でも、「先手不利」な局面によくハマッテくれていました。


ちなみに図までに、飛車を72に寄る前に角交換されて▲55角を打たれる変化が
初心者の人は気になるかもしれませんが、それには△33角とあわせて
△95角と言う切り替えし(下図)があり、心配しなくても大丈夫です。

c_20101208172704.png

この戦法が最も力を発揮するのは「激しい戦い」になった時だと思います。
特にお互い飛車先を交換し合う展開(下図)は、かなり戦えると思いますね。

b_20101208172704.png

この展開は怖い変化が多く出てくるんですが、今のところ後手が潰される変化は無いと思います。
図からは▲69玉が最善だとは思いますが、そこからはほとんど未知の領域でしょう。

ほかの戦法に無い手筋や危険ポイント(▲86角の筋など)もあるので、
とてもスリリングな将棋になると思います。(先手も怖い所がある)


しかしこの戦法、問題が無いとも現在のところ言えません。
僕が個人的に気になるのは「先手が持久戦を目指して来た時」です。

まあ持久戦を目指されても、一気に悪くなる事はないんですが、
何しろほとんど定跡化がされていないので、駒組みがとても難しいですね。
(研究していれば問題ないが、持久戦模様の研究は時間が掛かるのでめんどくさい)


△72飛車戦法は僕は相当優秀な戦法だと思います。
もっと指されてもいい戦法で「いつかは流行するんじゃないかな・・・」と、
ずっと思っていますね。


あとこの△72飛車戦法を紹介している本は、
井上八段が出した「居飛車奇襲戦法」に70ページくらい書かれています。

基本的な筋はこの本に書かれているので、興味がある人は読んでみると良いと思います。
(現在は少し入手困難になってるみたいですが・・・)



ちなみにこの本、面白い奇襲戦法が何個か書いてあるので、
面白いと思います。

この記事には数年後書いた、最新版があります。↓

突然思い出したように研究はするが、結局お蔵入りになる戦法たち・・・(その2)
関連記事
スポンサーサイト
第23期竜王戦七番勝負第六局は渡辺竜王が勝ち、竜王戦七連覇達成。 | Home | 大和証券杯女流最強戦 甲斐智美女流二冠VS鈴木環那女流初段戦 を見た感想。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/17 (Fri) 00:32 | # | | 編集
No title

>>始めまして。突然ですが、気になったことを一つ。袖飛車についてですが、振り飛車穴熊と併用すると相手は居飛穴に組みにくいので居飛車相手なら割と有力かと。固さで負けにくいのがウリです。小林健二「振り飛車奇襲戦法2」に詳しいです。最初は振り飛車に見せていって、左銀を繰り出して角の頭を攻めていくのが狙いです。

コメントありがとうございます。
袖飛車と振り穴を組み合わせるというのは先手だと、▲37玉~囲う指し方ですかね?

この指し方であれば、言われているように有力だと思っています。
あとこの指し方はNHK将棋講座で、森内名人(当時)が解説されていました。

それと羽生名人も対森内戦で指されていて、勝たれていたと思います。

ただ後手に銀冠に組まれると、そう簡単には攻めきれなく、
それは一局だと僕は考えていますね。

2015/07/17 (Fri) 00:54 | 将棋猫 #- | URL | 編集

返信して頂けるか分からないのですが
将棋世界の付録のやつでも袖飛車で
させますか?本は、こうにゅうしたほうがいいんでしょうか?

2016/12/28 (Wed) 21:09 | とも #zxdcJlaM | URL | 編集
No title

将棋世界の付録は基本的に初級者でも読めるようになっているので、
基本的な事を知りたければ役に立つと思います。
なので読めば一応指せると思います。

井上九段の本は袖飛車を指すのであれば、
持っていて損はないと思いますが現在絶版になっており、
少し手に入れづらい状況です。

ですので無理して手に入れる必要は無いとは思います。

袖飛車はネットなどで検索すれば少しは何か出てくると思うので、
それらでも代用は利くかもしれません。

あと袖飛車はあまり定跡化されていないので、
一度指しまくってみるのがいいと思いますね。



2016/12/28 (Wed) 21:22 | 将棋猫 #- | URL | 編集

ありがとうございました。
自分はゴキ中と、中飛車の左穴熊使ってます。ネットで袖飛車さしまくって、疑問に思ったところは激指で
解析します。奇襲として使わせていただきます。また、何かあれば質問するかもしれません。そのときは宜しくお願いします。

2016/12/29 (Thu) 11:50 | と #zxdcJlaM | URL | 編集

井上さんの本に袖飛車 持久戦 書いていますか?

2016/12/29 (Thu) 17:19 | とも #zxdcJlaM | URL | 編集
No title

一応矢倉模様になった時の展開は、書いてありますね。

2016/12/29 (Thu) 17:35 | 将棋猫 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する