東日本大震災関連で、僕が買った本。

東日本大震災が起こってから、もう1ヶ月以上経過しました。
大震災にてお亡くなりになられた方々や、ご遺族には心よりお悔やみ申し上げます。

僕は歴史に残る規模の大事件や、大災害が発生したときには、
その起こった事をずっと忘れないようにと、何か本などを買う様にしています。

今回の大震災も、絶対忘れてはいけない事だと思い、
何冊か本を買いました。

震災関連の本は多くの出版社から出ているのですが、
僕が買った本を紹介したいと思います。


東日本大震災1か月の記録 読売新聞特別縮刷版
カラー版―2011年3月11日~4月11日 [大型本]




この本は、震災発生当日から1ヶ月間の読売新聞の震災関連の記事をまとめて
掲載してある本です。

号外なども載っており、ページ数も400ページ以上あります。

オールカラーで本自体も大きく、とても読みやすいですね。
紙質もとても良いと思います。

資料としても情報量が多く、とてもオススメです。


東日本大震災―読売新聞報道写真集 [大型本]



この本も読売新聞社の本なんですが、上の本とは違い写真集になっています。

こういう震災の写真集も多くの出版社から出ているのですが、
僕がこの本を買った理由は、本屋さんで他の本と比べた時に、この本が一番紙質が良かったからです。

もちろん収録してある写真も、とても衝撃的で災害の規模の大きさがよくわかると思います。


以上が僕が買った本です。
時間があるときに、じっくり読みたいと思います。

被災地や被災者の方々が、一刻も早く元の生活に戻れるように、
国・政府の支援が行き届いて欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト
後手番の急戦矢倉は、まだまだ使える戦法。 | Home | dr研究会課題局面(相横歩取り)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する