後手番の急戦矢倉は、まだまだ使える戦法。

相矢倉と言うと現在ほとんどの場合プロ間では、
ガッチリ組み合った相矢倉戦が、ほとんどだと思います。

しかしアマチュア間では、過去に流行した「急戦矢倉」も
まだまだ戦える戦法だと思っています。

654562145.jpg
後手番急戦矢倉

矢倉の急戦矢倉は対振り飛車戦の急戦矢倉とは違い、
決まった時は凄まじい破壊力があります。

プロ間では最近はあまり見ませんが、
現在では島九段が、矢倉中飛車を指したりしているみたいです。


僕が思う急戦矢倉の魅力は、「まず先攻出来る」と言うのも魅力なんですが、
「アマチュアでは、ほぼノーマーク」と言うところが魅力的だと思います。

アマチュアで「急戦矢倉をされた時の事を、常に考えて研究している」と言う人は
皆無だと思います。


つまり少し勉強&研究すれば、それがそのまま実戦に生かされると言う事です。
短い持ち時間の将棋では、かなりのメリットだと思いますね。

ガップリ組み合った相矢倉もいいんですが、
たまには急戦矢倉を指してみてはいかがでしょうか?




関連記事
スポンサーサイト
来期順位戦の名人戦挑戦者・各クラスの昇級者予想。 | Home | 東日本大震災関連で、僕が買った本。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する