スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四間飛車穴熊と言う戦法。

この頃、広瀬王位・上田新女王が活躍しているという事もあって、
「四間飛車穴熊」の本をよく見かけるようになりました。

それに伴い、またアマチュアの間では「四間飛車穴熊」が、流行の兆しを見せているみたいです。

215625625.jpg
四間飛車穴熊

僕も勿論、最近出た四間飛車穴熊の本は買いました。





普段はすぐに読まないのですが、最新の四間飛車穴熊は少し知りたかったので、
さらっと棋譜を並べたり、定跡を読んだりしました。

そして本を読む前は「四間飛車穴熊側に勝ち易い順などがあれば、真似して楽に勝てるな・・・ククク・・・」
とか思っていました。

しかしその考えは相当甘かったです・・・
僕の四間飛車穴熊に対しての感想を書きます。


まず一番大きい感想が「やはり居飛車穴熊が、相当手強い」と言うことです。

145262514562.jpg
居飛車穴熊

これは読む前から解っていたのですが、「何か新情報が載っているだろう・・・」と思っていました。
そして本にはその「新情報」はしっかり載っていました。

しかし情報(その指し回し)は、少し勉強した程度では指しこなせないと思いましまね。
「広瀬王位」だからこそ、指しこなせる「職人芸」だと思います。

勝局集を買って並べて貰うと解るのですが、広瀬王位は読み・大局観が凄いです。
そして何より、「終盤力」が凄すぎます。

たぶん「相穴熊」と言う戦形では、羽生名人・久保二冠よりも上だと感じました。
とにかく寄せ合いの距離感が段違いだと思います。


話を戻しますが「相穴熊」と言う戦形は、やはり居飛車穴熊が勝ち易いと思います。
理由としては、

1、居飛車穴熊は普通に組み合っても、先攻される可能性が少ない。
  しかし振り飛車側は油断すると、角交換から飛車先を突破される可能性がある。

2、居飛車側は4枚穴熊に組み易い。

などが主な理由。
他には居飛車側の方が、角や桂馬を使いやすいなどもあると思います。

振り飛車側に「なにか工夫の手」がないと、作戦負けになり易いと思います。
広瀬王位は「金を寄せる手を省略して、中央から動く」などをしていますね。

手強い居飛車穴熊に最低50~60%は勝てないと、四間飛車穴熊は少し辛いと思います。


その強敵の居飛車穴熊に勝てたとしても、銀冠・急戦にもしっかり対応しなくてはいけません。
アマチュアでは銀冠はそんなにやる人は少ない印象ですが、急戦は意外と根強い人気がある印象です。

214521452145.jpg
銀冠

21452145862586.jpg
急戦

急戦はプロ間ではかなり勝率が悪いともいますが、早指しのアマチュアの将棋では、
とりあえず先攻でき破壊力も結構あるので、一度受け間違えば一気に形勢が傾きやすいです。

まあ初段くらいの棋力があれば、一発を貰う事は少ないとは思いますが、
気を使う戦形には間違いないと思います。

とにかく全ての戦形で四間飛車穴熊側は、しっかりとした知識・対応を求められる事が多いと思います。

これは美濃囲いの振り飛車でも同じなんですが、
穴熊の時はより的確に対応をしなければ、不利になり易い印象がありますね。


ちょっと長文が多くなってしまったのですが、今現在の四間飛車穴熊に対しての感想はこんな感じです。

四間飛車穴熊と言う戦法はゴキゲン中飛車・石田流三間飛車と同じように、
「職人技」の戦法だと痛感しました。


最後にまた広瀬王位の本の話になるんですが、「広瀬流四間飛車穴熊勝局集」はかなりオススメです。
解説も解り易く、棋譜の収録数も多いです。

僕はこの実戦集は、渡辺竜王の自戦気と同じくらい良い出来だと思います。
何度も並べると、確実に棋力アップになると思いますね。


関連記事
スポンサーサイト
僕が普段からしている、将棋の勉強の内容。 | Home | 来期順位戦の名人戦挑戦者・各クラスの昇級者予想。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。