イメージと読みの将棋観は、超面白いです。

今読み返している本の中に、少し前に出た「イメージと読みの将棋観」があります。




この本は、将棋世界に連載された物を書籍化したものなんですが、
ちょっと変わっていてとても面白いです。

僕は発売日に買って一回ほどサラッと読んでいたのですが、
また読みたくなって、今読み返しています。

やはり勉強になる本ですね。

よく出現しそうな局面・それらの局面での考え方など、
トッププロの思考が解かりやすく解説されています。

読めば絶対に何か得るものはあると思います。

この本、ほんと面白く勉強になる本なので、強くオススメしておきます。
絶版になったら困りそうな、本の一冊ですね。
関連記事
スポンサーサイト
杉本昌隆の振り飛車破り | Home | 四間飛車の急所(1)は、四間飛車党なら必須です。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する