スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マイコミ将棋BOOKS よくわかる~」シリーズは、オススメの将棋本。

ここ最近マイコムから「マイコミ将棋BOOKS よくわかる~」と言う将棋の本が、シリーズ化されて出ているんですが、
この本はとても良い本だと思います。




今のところ出ているのは、

「マイコミ将棋BOOKS よくわかる中飛車」
「マイコミ将棋BOOKS よくわかる振り飛車穴熊」
「マイコミ将棋BOOKS よくわかる角交換振り飛車」
「マイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わり」


上記4冊です。


よくわかる~と書いてあるように、各種戦法の基本的な所にスポットを当て、
解り易く説明されています。

難易度的には中級~初段くらいあれば十分読めると思います。
特に初段を目指す人には、丁度いいんじゃないでしょうか。

じゃあ初段以上の有段者には不要かと言うと、そうでもないと思います。

確かに3段以上の人などが読むと、「これくらい当たり前」の事が多く載っているでしょう。
しかし100%、全て知っていると言う人はアマチュアには絶対いないと思うので、
必ず役に立つと思います。


それと個人的に思う事なのですが、最近僕は難しい将棋の本を読むより、
これくらいの初段前後が目安の本を、繰り返し読む方が棋力がアップするんじゃないかと
思い始めてきました。

難しい高段者向けの本は、最近カナリ多くの本が出版されていますが
ちょっと出すぎな気がします。

難しい本は確かに、細かい変化もしっかり書かれており勉強になるんですが
そういう変化などを憶えるよりも、各種戦法の攻め方・受け方のコツみたいな感覚を
憶えたほうが総合的・長い目で見た場合良いことが多いと思います。

それとアマチュアでは結局、中盤~終盤にかけてミスが多い方が負けてしまうので、
難しい本を多く読むより、中終盤力を鍛える本を読んだ方が良いでしょう。


ちょっと話が逸れてしまいましたが、この「よくわかる~」シリーズはとてもオススメです。
興味がある人は、一度読んで見ると良いと思いますね。

関連記事
スポンサーサイト
僕のオススメの自戦記本。 | Home | 現時点での主な戦法についての感想(居飛車編)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。