スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢倉流中飛車の現在。

僕のブログには「アクセス解析」と言うシステムを付けてあり、
毎日何人来たかとか、どの単語を検索して来たかなどが解るようになっています。

暇な時にたまに見たりするのですが、「矢倉流中飛車」と言う単語で検索して
僕のブログに来る人が多い事多い事・・・

たぶん「矢倉流中飛車」でググルと、僕の昔書いた記事がトップに出てくるからでしょう。

この記事なんですが、これを書いて2年以上経過しています。
そこで今回は、また矢倉流中飛車について僕が思った事を書いて見たいと思います。


基本的なことは僕の前の記事を見て貰うとして、
実は今年の春頃に、矢倉流中飛車の最新の定跡を書いた本が出ました。

マイコミ将棋BOOKS 西川流振り飛車 居飛車穴熊破り


それが↑です。
この本には先手三間飛車・後手中飛車の事が主に書いてあるのですが、
どちらも今では珍しい、ノーマルな振り飛車(角道を閉じる)の定跡が書いてあります。

この本は矢倉流中飛車の、最新の事が掲載されると言う噂を聞いていたので、
期待&注目していました。

この本には僕が記事に書いた、▲65銀の事もしっかり書いてあり、
その後の詳しい変化なども掲載されていました。

415621452.jpg

図の局面はやはり後手が面白くないようです。
しかし図までに色々工夫も出来るみたいで、駒組みの仕方しだいでは後手もやれそうでした。

居飛車側も振り飛車からの色々な工夫にしっかり対応出来なければ、
簡単にリードされてしまうでしょう。

そして本には▲65銀ではなく、▲57銀についてもかなり詳しく書かれていましたね。

246214521.jpg

この▲57銀と言う手は知っていましたが、僕の認識は「▲57銀より▲65銀のほうが指せる」
と言う認識でした。この本では▲57銀もかなり有力で中飛車側から見て強敵と言う感じで
書かれていました。

つまり中飛車側は、▲65銀や▲57銀の対策を必ず用意しておく必要があり、
駒組みを工夫する必要があります。

どの振り飛車でもそうなんですが、淡々と駒組みをしているだけでは居飛車側に、
作戦勝ちを許してしまうみたいです。


現在でもプロ間であまり矢倉流中飛車が復活しないのは、このあたりの事情が関係しているんでしょう。

矢倉流中飛車はまだ居飛車穴熊にも戦える順はあると思いますが、
角道を閉じて戦う古いタイプの振り飛車なので、中々自分からリードしにくい。

それだったらまだ自分から動ける可能性がある、
ゴキゲン中飛車や角交換振り飛車の方を指した方が良い。

という考えが多いと思います。


上記のような理由で少なくなってきている矢倉流中飛車なんですが、
僕個人的には、「もう少し指されてもいいのではないかな?」と思っています。

と言うのも、ゴキゲン中飛車が難しすぎる戦法になって来ているので、
アマチュアには矢倉流中飛車の方がとっつきやすく、安定して戦えそうだと思います。

あと上で紹介した西川プロの本は、あまり話題になったりしませんが、
矢倉流中飛車の定跡が書いてある本として、とても貴重な本だと僕は思います。

オススメしておきます。
関連記事
スポンサーサイト
ちょっと復活して欲しい、対△ゴキゲン中飛車▲78金型。 | Home | 将棋ソフトに入っていた謎の戦法。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

僕のブログには「アクセス解析」と言うシステムを付けてあり、毎日何人来たかとか、どの単語を検索して来

2012.11.02 (Fri) 13:28 | まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。