四間飛車道場シリーズ(全16巻+2巻)について。

ちょっと突然なんですが、過去に大量に出た「~道場シリーズ」について
不定期で書いていきたいと思います。

まずは大量に出た「四間飛車道場シリーズ」です。











全部で16巻+2巻も出ているとあって、凄いですね・・・
今見ると「こんなに出ていたのか・・・」と感心します。

この「~道場シリーズ」を何故書きたくなったのかと言うと、
「僕自身が全巻持っている」からです。

それでちょっと各シリーズの、個人的な感想を書いておきたくなりました。


この道場シリーズを見るたびに思うのは、
「アマチュアで何人の人が、全種類全巻集めたのであろうか・・・」といつも思います。

なんせ全種類全巻集めると過去のシリーズだけで、

四間飛車・・・16巻 三間飛車・・・3巻 中飛車・・・4巻 石田流・・・1巻
矢倉・・・6巻  横歩取り・・・7巻 急戦矢倉・・・1巻

 
以上の計38巻。

それにここ最近出た、

先手四間飛車・・・2巻 ゴキゲン中飛車・・・1巻
一手損角換わり・・・2巻

以上も合わせると、合計40巻以上になります。
これだけの定跡本シリーズは、今後出ないと思います。


今回の紹介する「四間飛車道場シリーズ」は上記したように、ダントツで巻数が多いです。

と言うのも、このシリーズが出始めた時は「四間飛車全盛期」と言っても過言ではないくらい、
四間飛車がプロアマ問わず流行していました。(もちろん藤井システムも)

対四間飛車も急戦・持久戦問わず、色々指されていましたね。
しかし今では、藤井システムもほとんど見なくなり、急戦も減っている状況です。


それでこの四間飛車道場シリーズなんですが、今見返してみると内容はとても良いと思います。

当時は、あまり主流ではない手順なども載っていて、細かく書きすぎの様な気がしましたが、
今ではその順が主流になっていたりする定跡もあるので、今読んでも十分使えるでしょう。

そして現在では上で値段が見れますが、古本で安く買える様になっています。
(高い本もありますが)

全巻集めても良いと思いますが、
「自分が気になっている定跡の巻を買う」と言うのが、一番いいでしょう。


四間飛車は現在では、ゴキゲン中飛車に押されて減っていますが、
やはりアマチュアでは一番人気の戦法です。

対策だけはしっかりしておきたいですね。

関連記事
スポンサーサイト
2011年の、流行戦形を振り返る。 | Home | 谷川浩司全集(平成版)シリーズは超オススメ。(安く買えるのであれば)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する