スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久保ファン(振り飛車ファン)待望の、「久保振り飛車実戦集」が発売!

久しぶりに将棋の本の記事を書きます。
と言うのも4/25日に「久保振り飛車実戦集」と言う本が発売されるからです。

「久保振り飛車実戦集」



■内容紹介

本書は「さばきのアーティスト」こと久保利明九段の実戦集です。
内訳は石田流三間飛車(先手番20局)、ゴキゲン中飛車(後手番20局)、四間飛車(先後10局ずつ)の計60局。
各項目で厳選した棋譜をそれぞれ自戦記編10局と解説編10局(四間飛車は先後5局ずつ)に分け、
対局日が新しいものから古いものにさかのぼる形で紹介しました。
居飛車対振り飛車の最新形に対する筆者の見解はもちろん、
そこにたどりついた経緯までもがよくわかるようになっています。

久保振り飛車はまさに芸術品。
簡単に真似できるものではありませんが、本書を繰り返し読めば、
必ずや振り飛車の極意を感じることができるでしょう。



これはとても面白そうです。

久保さんと言えばここ最近はあまり調子が出ていませんが、
現時点での振り飛車ナンバーワンと言ってもいいでしょう。

それと、振り飛車が少し苦しくなっていると言うものそれはプロ間での話で、
やはりアマチュア間では振り飛車は大人気戦法です。

この久保さんの本を読んで並べれば、振り飛車を指す側も指される側も、
必ず何か感じ取れるはずだと思います。

今からこの本の発売が、とても楽しみです

(あと久保さんの本は実は隠れた名著も多く、↓の本もお勧めしておきます。)



関連記事
スポンサーサイト
ついに僕も3DSを買った。 | Home | 「第8回日本橋ストリートフェスタ2012」に行って来ました!(その9)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。