藤井システムについて。

ここ最近、藤井九段が活躍されています。
藤井システムを使って勝つこともあり、また「藤井システム」に注目が集まっています。

藤井システムは個人的にも思い入れのある戦法です。
そこで今現在の「藤井システム」についての僕の思っていることを書こうと思います。


藤井システムになぜ思い入れがあるのかというと、僕が将棋を始めた十数年前は
藤井システムが全盛期の頃だったからです。

1111111111111111.jpg
後手藤井システム

その頃は藤井さんも竜王を取られていて、右も左も藤井システムと言う感じでした。
そしてそれに影響されて、僕も「四間飛車」を勉強して将棋を指し始めました。


僕はよくニコ生などで「一手損角換わりはあまり指したくない」と言うのは、
この頃の感覚が染み付いてしまっているからです。

この藤井システム全盛期は後手番では「一手の遅れをいかにカバーするか」が重要課題でした。
みんな手得・手損に敏感で、「手損をするからダメ」などもよく聞かれましたね。

それが今でも僕の感覚に残っているため、手損をする戦法には違和感があるんだと思います。


現在の藤井システムなんですが、プロアマ問わずあまり指されていません。

理由としては居飛車の研究が進み、色々な対策が出てきたからなんですが、
個人的には「先手藤井システム」はまだまだ有力だと思っています。

2222222222222222.jpg

先手藤井システムは上図みたいな感じだと思いますが、他の形でもまだまだ戦えると思います。
先手の猛攻を受け切るのは、なかなか大変でしょう。

それでは「後手藤井システム」はと言うと、僕は「先手が穴熊を目指してきてくれたら有力」と
考えています。

後手では先手の時みたいに△32銀型で組む駒組みもありますが、
僕は右四間飛車に振り直す方が有力だと思っています。

3333333333333333.jpg

これも後手は猛攻を掛けれる事が多いので、居飛車も大変だと思います。

では藤井システムは先後共に有力じゃないかと言われるかもしれませんが、
そうではありません。

はじめに言いましたがこの「藤井システム」と言う戦法は、一手の差がとてつもなく大きい戦法です。
特にその差は居飛車が「急戦」で来られた時にかなり影響します。

結論から言うと後手藤井システムは、居飛車の急戦には厳しいと思います。

1231313131313.jpg

基本的な居飛車の急戦は、上図の様に▲36歩と突いて急戦にします。
▲36歩には△62玉の一手で、そこから▲46銀や▲35歩~▲46銀などの仕掛けが多いです。

普通の四間飛車では玉の位置は最低でも、△71玉くらいまでは入っているはずで、
そう簡単には潰れません。

しかし藤井システムの場合は、急戦を明示されてから囲い始めるので、
玉の位置が戦場から近くなってしまいます。

プロ間ではそれでも難しい所があるのかもしれませんが、アマチュア同士では居飛車側が勝ちやすいでしょう。
僕はこの居飛車急戦をしっかり受け切る自信はないですね。


そしてこの右銀急戦だけでも対応するのが大変なのに、居飛車側には色々な仕掛けがあります。
例えば下図のようなマイナーな変化。

44444444444444_20120606020912.jpg

居飛車穴熊に囲うと見せかけての▲55歩位取り。
これは今ではあまり見ませんが、昔は結構見ました。

島ノートに詳しく乗っているんですが、結構有力だと思います。
もし初見で指されれば、対応するのは相当大変です。

他には▲45桂捨て作戦なども、実はかなり厄介だと思います。
(△43銀型限定だが)

1485214586258_20120606021211.jpg

こんな単純な狙いの戦法でも、後手玉の囲いが遅れているため成立することもあります。

などなど、居飛車側からの急戦に全て対応するのは余程の知識がない限り、
アマチュアでは難しいと思います。

僕が唯一、アマチュアで藤井システムをしっかり指せていると思うのは、
アマ強豪の清水上さんだけです。

他にはいませんね。


とにかく僕が思う後手藤井システムは、
「居飛車が穴熊を放棄し、様々な急戦で来られた時に並の知識では対応できない」
と言うのが僕の中での結論です。

普通の美濃囲いに囲っての四間飛車でも、マイナーな変化を指されると対応が難しいのに、
居玉でギリギリまで待っている藤井システムでの対応は、もっと難しいと思っています。

そう言えばアマチュアだった頃の瀬川さんが、当時バリバリA級の久保プロに一発入れたのも、
対藤井システムだったですね。


そして最後に藤井システムについて一番強く思うことは、
「藤井システムをマスター出来ている人は、創案者の藤井九段だけ」
と僕は思っています。

もちろん羽生二冠や久保九段も、藤井システムを指せば上手いですが、
やはり藤井九段の知識・研究には、追いついていないと思います。

王位戦では藤井システムは最低でも一局は出ると思うので、
藤井九段がどういう工夫をしてくるのか、とても楽しみです。

熱戦を期待したいですね。

この記事には2015年に書き直した新しい記事があります。
「藤井システムについて。ver2015」





関連記事
スポンサーサイト
たまには更新。 | Home | オススメ将棋本「大内延介 名局集」

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する