「先手矢倉▲46銀▲37桂▲25歩型」はかなり有力。

今日はちょっと相矢倉戦での、僕が「これは有力なんじゃないか?」と
思う形を書きたいと思います。

6541854185.jpg

図はよくある▲46銀37桂型の序盤。

ここから▲38飛などだったら何事もない序盤ですが、ここで変化する手があります。

954854965.jpg

それが▲25歩です。

僕はこの変化する手はとても有力だと思っています。

まずこの手に対して後手は銀を引くしかないんですが、
33と13でいきなり優劣が付きます。

まず一番普通に見える△33銀なんですが、これが実は悪手。

9541584185.jpg

これには▲17香車~▲18飛車の端攻めがポイントを上げる指し方。

965259659652.jpg

もうこうなると▲15の地点は受かりません。
後手から攻める手はないので、後手は受けるしかないです。

図からは△85歩くらいですが、▲15歩△同歩▲同香に香車の交換は明らかに先手有利なので、
△13歩くらい。

△12歩もありますが、将来▲14桂馬などが激痛なので指しづらいでしょう。

6515965965.jpg

これで収まったかに見えますが、さらに追撃します。
▲55歩の突き捨てから入って、△同歩▲35歩△同歩▲同銀と駒損を恐れずに攻めます。

965415965415.jpg

ここで△34歩なら▲26銀と引いて、次に何が何でも▲13香成~▲14歩~▲15歩を狙って先手指しやすい。

最強の反発は△36歩ですが、それには▲34歩と指して△同銀▲同銀△同金に、
▲13香成△同香▲14歩△同香▲同飛が金取りで、これは攻めが一発入ってます。

63251458241581.jpg

先手からの猛攻が強烈なため、後手は桂馬を取る余裕がありません。

そういう事で▲25歩には「△13銀」が正解です。

3625865214521.jpg

結論から書くと、この△13銀と指されると簡単に仕掛けは出来なくなります。

しかしそれで悪くなった訳ではないので、先手は▲58飛~一歩交換を狙ったり、
▲38飛~▲57銀~▲46歩など色々と動き方を模索して一局です。


この▲25歩戦法なんですが、実はこの指し方僕の隠れたドル箱戦法でした。

僕は将棋連盟公認の正式な支部に所属しているんですが、
数局この▲25歩戦法を指して快勝しています。

相手は一応最低でも3段以上はある相手ばかりですが、
そう言う人でも▲25歩に、パッと△33銀と引く人が多いです。

この指し方は僕の記憶する限りあまり本にも載っていないので、結構ハマってくれやすいと思います。
しかしここ最近出た木村八段の本には、この指し方はしっかり載っていました。



この本はかなりオススメです。
今回書いた記事プラスアルファが載っているので、気になる人は買って読むべきですね。

もちろん最新の▲37銀なども詳しく載っているので、矢倉を指すなら持っておきたいです。

あとなんで僕が本にもあまり載っていない▲25歩戦法を昔から知っていたかというと、
囲碁将棋チャンネルか、将棋世界などの雑誌か何かでたまたま知ったような気がします。



この▲25歩戦法は△13銀と引かれたら難しいのですが、それでも「難しい」になるだけなので、
先手にリスクがほとんどありません。

先手は△13銀と指された時の研究を、事前に用意しておくだけです。

しかし後手には

1,「△13銀と引く手を知ってないと不利になる」
2,「△13銀と引いても、そこからの先手の研究に対応しなければならない」


という不安定要素があります。

しかもこの▲25歩は、▲25歩と指さなければ通常の定跡形にも戻れます。
これは知っておくと役に立つのではないでしょうか。

特にリアル道場やネット道場の級位者だったら、だいたいハマってくれると思います。
△13銀と引く人は、定跡をよく勉強している人ですね。

▲25歩戦法は憶えやすく研究も生きやすいと思うので、相矢倉の裏芸として十分使えると思います。
気になった人は一度指してみて下さい。

あと最近出た矢倉の本はとてもいい本ばかりで、全部オススメですね。



関連記事
スポンサーサイト
大和証券杯・ネット将棋 女流最強戦エキシビジョン 長谷川優貴女流二段 対 室谷由紀女流初段 | Home | 第6回大和証券杯・ネット将棋女流最強戦 上田初美女王-清水市代女流六段

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する