スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。


と言うことで2013年になりましたが、
今年も僕のこのブログは、マイペースに色々書いていこうと思っています。

特に将棋の記事に関しては、しっかり書いて行きたいですね。


僕はちょくちょく将棋の記事は書いていますが、
実は書く記事には自分で決めた何個かの「ルール」があります。

それは以下のとおり。

1、方針が解りやすく、その局面が出やすい。
2、憶える事が少ない。
3、実力差があっても使えて、一発入る可能性がある。


以上が大きな基本的なルールですね。


まず「1」は、一番気を使っている事です。
どれだけ有力な手でも、複雑であまり出ない局面では意味がありません。

攻める手であればガンガン攻める手が続きやすいとか、
受けの手であれば受けきりやすい、みたいな手を書いているつもりです。


「2」についても同じ感じです。
出来るだけ相手の変化が少なく、一直線に有利になる手を書いています。


「3」は即決に言うと、「その手に対する対応を知らないと、一気に形勢が傾きやすい」
というたぐいの手のことです。

しかし出来るだけ「ハメ手」みたいな不自然な手ではなく、
「誰でも指しそうな自然な手」みたいな手を探して書いています。


今年も以上の「基本ルール」に沿った将棋の記事を書いていこうと思っています。
もちろん将棋以外の記事も書こうと思っていますね。

あともし将棋の記事で解らない所があれば、その記事のコメント欄にでも
質問を書いてもらうといいと思います。

「僕の解る範囲」「僕自身の考え」を返事で書きますから。

それとツィッター・ニコ生でも色々やってるので、
そっちの方も暇な時に見て貰うといいと思いますね。

そういう事で、今年も色々やって行きます!
関連記事
スポンサーサイト
大和証券杯・ネット将棋 女流最強戦 里見香奈女流四冠-千葉涼子女流四段  | Home | 2013年の後手番での、流行戦型を予想する。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。