第6回大和証券杯・ネット将棋女流最強戦 上田初美女王-清水市代女流六段

「ネット将棋女流最強戦 上田初美女王-清水市代女流六段」を観戦した感想を書きたいと思います。

65454584854.jpg

上田女流の先手で力戦系の向かい飛車に。

この△94歩は何気ない様子見の手だとは思いますが、
序盤なので少し緩手になりやすいんじゃないかと思いました。

どんな戦形もそうなんですが基本的に、
端の方に手を掛けるのは価値の高い手にはなりにくいと思っています。

やはり玉の囲いの方に手を掛けるとか、攻撃陣に手を掛けた方が価値は高いと思います。

65498654584.jpg

先手が作戦勝ちを決定付けたのは、この5筋の歩を巧く交換できたところでしょう。
振り飛車VS居飛車は5筋の歩を巧く交換できたほうが、大体作戦勝ちになり易いと思いますね。

65414549854.jpg

後手は通称「トラック囲い」と呼ばれる囲いに。
しかしこの囲いは何かと欠点が多く、あまり見られることはありません。

大きな欠点の一つとして囲いが完成してしまうと、指す手がなくなりやすいのが欠点です。
あと硬そうに見えますが実は見た目以上に薄いです。

本局はトラック囲いの欠点がモロに出てしまった感じがするので、
他の囲いにした方がよかったと思います。

654965965.jpg

先手は銀冠にするのかと思いましたが、上田女流は機敏に動いて行きました。
この判断は正しくとても明快だったと思います。

ここからは一方的な展開になってしまいました。

9659654596548.jpg

僕は清水女流は、この▲54同銀をうっかりしたんじゃないかと感じました。
もうこうなっては、先手の猛攻を止めるすべはありません。

65965965695965.jpg

△68銀は「どうにでもしてくれ」と言う手。
まだこの手では△46歩などの方が良いかと思いましたが、それでもあまり変わりませんね。

以下は先手の上田女流が猛攻を決め、あっという間に勝ちになりました。


この先手力戦向かい飛車は、かなり有力な作戦だと僕は思っています。
ですので自分であれば、▲84歩~85歩~54歩と言う序盤は指さないです。

この先手力戦向かい飛車は先手ゴキゲン中飛車とリンクしている所があるので、
▲76歩には△34歩と指す方が個人的にはいいと思っています。

先手力戦向かい飛車と先手ゴキゲン中飛車を相手にするよりは、
先手石田流三間飛車を相手にする方が楽だと感じていますね。

以上本局を観戦した感想でした。

この戦型を指すのであれば、以下の本がピッタリです。
かなり詳しく書いてあるので、とてもオススメです。



関連記事
スポンサーサイト
「先手矢倉▲46銀▲37桂▲25歩型」はかなり有力。 | Home | 第6回大和証券杯・ネット将棋 女流最強戦エキシビジョン 熊倉 紫野女流初段 - 竹俣 紅女流2級

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する