スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウル4ザンギをプレイした感想。(その1)

少し前にウルトラストリートファイター4が発売されました。
それで色々と調整されたザンギエフを使って対戦していました。



そこでウル4のザンギをプレイしてみた感想を書きたいと思います。

まずなんといっても「弱バニ発生8F・当てて-2F・ガードされて-7F」なんですが、
内容通り結構な強化だと思います。

しかしこの強化、意外な落とし穴があると思いました・・・

と言うのも、弱バニを当てて-2Fは確反も無いので強いことは強いのですが、
「不利なものは不利」と言う事。

つまり反撃は喰らわないもののヒット後からは「少し不利なじゃんけん」の状態になります。
このじゃんけんに勝てれば大きなリターンがあるんですが、負けるとそれなりのデメリットも有ります。

主に当てた相手の状況は、

1、ガード 2、投げ 3、垂直ジャンプ 4、バクステ 5、バックジャンプ 
6、3F通常技こすり 7、(3F)無敵技暴れ

が主な状況だと思います。

そしてこっちの状況は主に、

ガード コマ投げ 通常投げ ダブラリ のどれか。

ガードが勝つのか引き分けるのは、
1・3・4・5・6・7で、2には投げ抜けを入れとけば引き分けになります。
ということは、ほぼ全てに対応できています。

コマ投げが勝つか引き分けるのは、
1・2・5・6。
コマ投げはバクステされると、硬直が長いのでなんか喰らいますね。

通常投げが勝つは引き分けるのは、
1・2・3・4・5。
3F技こすり系には負けます。

ダブラリが勝つか引き分けるのは、
3・4。

他にあるのはバクステ読みのバニくらい。

間違っているところもあるかもしれませんが、だいたい合っているでしょう。

こうして見てみると、ザンギ側の安定行動はグラップ仕込みのガード。
通常投げ・コマ投げは、ハイリスクハイリターンです。

一応上のことは前から解っていたんですが、
ハイリスクでもハイリターンの行動を多めにしたほうがいいんじゃないか・・・?
と思ってしばらくは、そういう行動を取っていました。

そしてそれはやはり、間違っていると思いましたね・・・・

やはりハイリスクハイリターンの行動は、かなり安定しにくい。
格上に一発入ることもありましたが、格下相手にも負けることも結構ありました。

あと読み負けしてしまうと、今まで詰めた距離がまた大きく開いてしまい、
これがかなり痛い。

弱バニ後は自分が予想していたより、意外と大変だったです。

しかしガードと投げ抜けをしていればほぼリスクはなく、
大博打も出来るので、かなり使えることは間違いないです。

強化された点はこの弱バニ意外にも何点かあるのですが、
僕レベルではあまり変化がないと感じました。

まだ感想はあるのですが、ちょっと記事が大きくなってしまったので、
また数日後に、続きを書きたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト
ご無沙汰しております。 | Home | 【Amazon.co.jp限定】リアルアーケードPro.V4 隼 静音 (PS4/PS3対応)を買ってみた。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。