スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車両系建設機械運転者(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の免許を取ったのです。(前編)

また少しブログの更新が空きましたが、実は少し前に
「車両系建設機械運転者(整地・運搬・積込み用及び掘削用)」の免許を取りました。

「車両系建設機械運転者(整地・運搬・積込み用及び掘削用)」とは簡単に説明すると、
パワーショベル・ブルドーザー・ホリールローダーなど数種類の、建設機械を運転できる免許です。

これを取るとその特定の重機であれば、何十トンもある建設機械に乗れます。

s-2006040317375718286.jpg
パワーショベル

s-D21P-8.jpg
ブルドーザー

s-2010110113483315071.jpg
ホイールローダー

あんまり見かけませんが、「ドラグライン」と言うのにも乗れます。



なんで突然こんな免許を取ったんだ・・・?って思われると思うのですが、
実はちょっと前から「履帯(キャタピラ)」の付いた乗り物に乗って運転してみたい」と言う気持ちがありました。

あと車の免許はもちろん持っているのですが、
「何か変わった乗り物の免許を持っておきたい」と言う気持ちもあり、
「よし!この際思い切って、重機の免許を取ろう!」と思い、教習所に行くことに決めましたね。

ちなみに初めは「フォークリフト」にしようと思ったのですが調べてみると、
車の免許を持っていて全く経験のない人は「31時間」の講習を受けなければなりませんでした。

それを見て「フォークリフトって、31時間もの講習を受けなきゃ乗れないのか・・・舐めてた・・・」と思い、
ふと上を見ると、車両系建設機械運転者(整地・運搬・積込み用及び掘削用)は未経験者では「38時間」
の講習で取れると書いてあります。

それで「31時間でフォークリフトだけの免許と、38時間で色々乗れる免許だったら、
この7時間しか違わない38時間の免許の方がいいんじゃないか・・・?」
と考え、
ちょっと値段は高いけどこっちにするか!(約10万円)と言う事でこっちにしました。

そして教習所に申し込みをし、約5日間通うことになりましたね。
(通う日はちょうど土日と祝日に行ける日があり、他はちょっと無理やり調整)

そういう事で、行ってきた講習の感想を書きたいと思います。


まず38時間のうち、初めの2日間は「学科」でした。
十数時間あり、最後にテストもあります。

受ける前は「学科が一番つまんないんだろうな・・・睡魔との戦いだな・・・」と思っていたのですが、
講師の人がとても面白く、全く退屈じゃありませんでした。

初めて聞く事ばっかりだったのと、講師の人の経験談・失敗談などがとても面白かったです。

あと重機は一歩間違うと、大惨事の事故が起こりやすいので、
真剣に聞いてました。

全学科の終了後の最後のテストも、ポイントを押さえてれば解ける問題が多く、
無事に通りました。

そしてテストが終わった日の残り2時間位は、ホイールローダーの教習がありました。
普通の乗用車しか運転したことしかなかったので、ちょっと緊張しましたね・・・

「中編」に続く・・・




関連記事
スポンサーサイト
車両系建設機械運転者(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の免許を取ったのです。(中編) | Home | ご無沙汰しております。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。