スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車両系建設機械運転者(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の免許を取ったのです。(後編)

続きで最後の後編です。

4日目の午前中は前日に続き、ブルドーザーの操作を復習したりました。
そしてメインだったのは、午後からのユンボの走行の練習だったでしょうか。

このユンボの走行はテストがあり、クランク型にラインを引かれた中を、
はみ出したり、コーン・ポールを倒さないように走れるかどうかのテストでした。

ユンボの走行は2本のレバーを、押したり引いたり・片方を止めたり動かしたりして走行します。
右左各履帯(キャタピラ)のレバーになっています。

ちょっと今までやったことのない操作だったので、初めは混乱しました・・・
(誰でもそうだとは思うが)

特に前進している時は簡単なのですが、上だけを旋回しバックでスタート地点に戻る時には、
前進の時とレバー操作が全て逆になります。

これが完全にマスターできるまでは、常に考えながら走行してました。
走行テストまでいっぱい練習して、テストも無事に終わった時はホッとしましたね・・・


最終日の5日目は午前中は、ミニユンボの練習でした。
ミニユンボはよく街中で、ガス管・水道管工事等でよく見るお馴染みの重機です。

操作は大きいユンボと同じなので、普通に操作出来ました。
溝型の穴を、掘ったり埋めたりしましたね。

そして最後は大きいユンボでの掘削です。
このユンボの掘削もテストがありました。

テスト内容は、

スタート地点から前進して掘削場まで行く→掘削開放を2回行う(旋回もする)→旋回しスタート地点まで戻る。
→休止状態にする。

と言う内容。
一応時間制限もあったので、少し緊張しました。

しかしこれもテストまで結構時間があったので、練習しまくって合格できました。
これで全ての講習が終了し、晴れて免許を貰えました。

この重機の免許は更新などはなく、一生日本全国で使える免許です。

まあ講習を受ければ、誰でも取れる免許だとは思いますが、
やはり貰った時は嬉しかったですね。


全日程を終えての感想は以下のとおり。

1、今の時代の重機は、操作が楽で解りやすく高性能。
2、レバーなどはとても軽く、女性でも力がいらないくらい軽い。
3、音も静かで、排気ガスもかなり減っている。


これが主な感想です。
重機の業界も車の業界と、同じようになってきていると感じました。

最後に強く感じたのはやはり「重機回りを通るときなどは注意する」ですね。
重機の回りを通る時などは頻繁にないですが、絶対気をつけた方がいいと思います。


僕は重機という特殊な乗り物の免許を取りましたが、
興味がある乗り物の免許は、思い切って取ると面白いと思います。

何か得るものはあると思いますし、もしかしたら何かの時に役に立つかもしれませんし・・・
色々やってみることが、大切だと感じますね。


関連記事
スポンサーサイト
あけまして、おめでとうございます・・・・ブログ放置してごめーーーーーーーーーーーーーん!!!!!! | Home | 車両系建設機械運転者(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の免許を取ったのです。(中編)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。