スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年の、流行戦法を予想する。(居飛車編)

毎年その年の流行戦法を予想しているのですが、今年も予想したいと思います。
今回は居飛車編です。

まず相居飛車の将棋で一番流行するのは、やはり横歩取りだと思います。
これはここ数年ずっとそうですね。

65654854785.jpg
横歩取り

と言うのも、相居飛車の後手番で今勝ち越しているのは横歩取りくらいです。
そして何と言っても、先手後手ともに色々工夫できる事も大きいです。

僕が有力だと思っているのは先手では、「青野流急戦」と「先手☗16歩型」です。

654854895.jpg
青野流急戦

65148541854.jpg
先手☗16歩型

まず青野流急戦は、ツボにはまった時の破壊力が凄まじい。
後手が定跡を知らなければ実力の差を問わず、ブッチ切りで勝てる可能性があります。

正直アマチュア同士の対局では、これが一番有力だと思っていますね。

次の先手☗16歩型は比較的穏やかな流れになりやすいですが、
ねじり合いの将棋にしたいなら、これがいいと思います。

先手で攻めたいなら青野流急戦、後手の様子を見ながら指したいのであれば先手☗16歩型。
こんな感じでしょうか。


後手番での横歩取りは有力な形が多すぎて、選ぶのに困る状況ですね。
基本的には☖52玉☖84飛型(下図)が基本形になるでしょう。

54854185.jpg

個人的に「これにはまだ何かあるんじゃないか・・・?」と思う形あるのは、
糸谷-西尾 戦で後手が指した☖34飛型です。

62514854185.jpg
☖34飛型

この☖34飛型はこれ以降あまり見ないんですが、何か後手に良い手があれば
かなり有力と思います。

しかしこの実戦の進行のように、☖82歩(下図)と指さないといけないようでは、
ちょっと苦しい感じですか・・・

965415854185.jpg

けれどこの☖34飛型はロマンを感じるので、ちょっと研究してみようかなと思っています。


次に多く指されるのは角換わりだと思います。
後手の待機型がここ最近はよく指されていて、それが引き続き指されるでしょう。

6521585485.jpg
後手待機型

この待機型は定跡が日々進歩していて、アマチュアには難しすぎますね。
ひたすらパス合戦などの展開は、ちょっと理解するのが大変です。

先手が後手を一気に潰す順は今のところ無く、
後手からすればカウンター狙いで有力だと思います。


残るは戦型は矢倉ですが、相矢倉は☖45歩型がどうなるか注目したいです。

695415985485.jpg
☖45歩型

この形も去年ちょくちょく見ましたね。
これで後手が指せるのであれば、矢倉の歴史が大きく変わります。

ただ僕は「ちょっと後手が頑張りすぎているかな~・・・」と言う風に感じています。
あと☖45歩型を指すのであれば、☖31玉☖85歩型(下図)の方がいいんじゃないかと思っていますね。

546548547.jpg

あともっと後手番で指されてもいいのではないか・・・と思うのは昔流行った「急戦矢倉」です。

65145841854.jpg
急戦矢倉

急戦矢倉は最近では、藤森四段が指されています。
本も出されていますね。(この本は超いい本なので、買っておいた方がいいぞ!)



アマチュア同士の対局では、普通に組み合うより勝ちやすいと思っています。
短い持ち時間で後手の急戦を受けきるのは容易ではないでしょう。

もし先手に正しく駒組みをされ攻められなくても、そこからはまだ互角で、
力勝負になりますし・・・

研究手を用意しておけば、初見で完璧に対応されることもまずないと思います。

もちろん後手で有力ということは、先手なら更に有力と言う事でもあります。
例えば先手だと一手得しているので、☗96歩が入ったりします。
これは相当大きいです。

急戦矢倉はプロ・アマ共に、見直される戦型になるんではないでしょうか。

あと相掛かりもあるんですが、相掛かりはほとんど☗28飛型なので、
省略します。(アマチュアでは、ほとんど指されないですし・・・)

相居飛車の流行戦型予想は、大まかに書くとこんな感じでです。
また近いうちに「振り飛車編」を書きたいと思っています。


関連記事
スポンサーサイト
プリキュアの漫画は、全巻自前に予約しとけ!!! | Home | あけまして、おめでとうございます・・・・ブログ放置してごめーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。