スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外で常に温かいお茶を飲むには、水筒を持ち歩くしかねぇ!!!

この冬の寒い時期、外で飲みたくなるのが温かいお茶。
実はちょっと前に、ステンレスの水筒を買いました。


↑このアマゾンで、手頃の値段の水筒です。

この水筒を買うまでは外で飲む温かい飲み物は、全部コンビニとか自販機・その他売店で買ってました。
しかしそれには少し問題があります・・・

その問題とは「ペットボトルの温かい飲料は、すぐに冷めてしまう」と言う問題。
今まではそんなに気にしてなかったんですが、なんか最近気になるようになっていました。

例えば、

500mlの温かいペットボトルのお茶を買う初めは暖かくて美味しいから半分くらい飲む残りはカバンへ
次の半分を飲む時には、もう冷めている冷たいし不味いから飲まない余るもったいないが捨てるしかねえ!

このモッタイナイループの問題です。

それで「何か解決方法はないか・・・」と考えたところ、「長時間保温できる、水筒に入れるしかない」と言う
結論になりました。


しかしコレにも問題がありそれは「重さ」の問題。
持ち歩くので重いと何かと厄介です。

けどコレは水筒が届いてから、ほぼ解決しました。
と言うのも・・・・

「今の時代の水筒は、カナリ軽くなっている」という事実。

僕は水筒なんて、小学校以来触れたことがなかったので、
水筒のイメージは、

「夏の糞暑い時期に、糞重い水筒を持って帰った」というイメージしかなかったです。

しかし時代と科学は進み、この問題はカナリ改善している感じですね。


それでここ最近は朝家で、温かいお茶を作って入れていってるんですが、
かなりいい感じです。

↓こう言うパックのお茶も、結構美味しいっす・・・舐めてました。


それとこの「家で飲み物を作って外に行く」と言う行動をして、解ったことがあるのですがそれは、
「外で飲み物を買わないようにすると、結構節約になる」と言うこと。

今までそんなことをしたことがなかったので、やるまで気づきませんでした。

毎日何かしらの飲み物を買っていたのですが、買わなくてもよくなりましたね。
小さいことですが、ひと月単位で見てみると数千円の節約になっていると思います。

今の時代、何かと節約はした方がいいと思うので、
少しでも節約したい人は、水筒を持ち歩けばいいと思いますね。
関連記事
スポンサーサイト
中飛車対策を考える。(対先手中飛車編) | Home | 突然思い出したように研究はするが、結局お蔵入りになる戦法たち・・・(その1)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。