超有力に感じる、藤森流急戦矢倉。

少し前から「これは超有力なんじゃないか・・・」と思う戦法があります。
それは題にも書いている「藤森流急戦矢倉」です。

藤森流急戦矢倉とは昔からある急戦矢倉に、藤森哲也四段が独自の研究を加えた、
現代の急戦矢倉です。

少し前に藤森四段自身が書いた、本も出ています。
この本は、カナリお勧めしたいです。



僕も買って読んでいますが、とても丁寧に書かれており、
すごく解りやすいです。

初級者の「これから急戦矢倉を勉強したい」と言う人にも、
持って来いの本
だと思いますね。

65445157.png

藤森流の急戦矢倉は従来△81飛車と指すところを、
△83飛車と指すのが特徴。

ほんの少しの違いですが、ここからは従来の変化よりも大きく違ってきます。
飛車の引き場所で全然違う展開になるのは、△85飛車戦法を思い出させますね。

この急戦矢倉は攻め味が強く、持ち時間の少ないアマチュア同士の対局では、
相当有力だと思います。

正直、初見で受けきるのはほぼ無理でしょう。

あと対急戦矢倉はある程度強くなるとアマチュアでも、そこそこの対応ができると思いますが、
この藤森流は△83飛の効果で新しい攻め筋などがあり、曖昧な知識では対応出来ないでしょう。

まだあまり指している人はいないと思うので、今から指せば勝ちまくれる戦法だと感じます。


ここからは「急戦矢倉」の話になりますが、前にどこかに書いたとおり、
「急戦矢倉」はアマチュアでも、もっと指されてもいいと思います。

今の相矢倉のと言えばプロ・アマ問わず「▲46銀▲37桂型」だと思いますが、
この形の後手番は完全に守勢になりやすく、面白く無いと感じますね。

僕自身も矢倉の後手を持つことはありますが、後手番では「阿久津流急戦矢倉」や、
後手でも頑張って△73銀型などしか指しません。
(ちなみにこれからは、藤森流急戦矢倉を主力にしたいと思っています。)

急戦矢倉は確かに玉が薄いので怖いところはありますが、
相手玉もそこまでは硬くないので、先攻できるメリットはとても大きいと思います。

今はプロ間では、急戦矢倉はあまり見かけませんが、
まだまだ有力だと考えています。



関連記事
スポンサーサイト
第74期順位戦昇級者予想。 | Home | 普通の四間飛車を勉強し直そうかなぁ・・・と思う今日このごろ・・・

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する