スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生善治全局集 ~七冠達成まで~を、サラッと読んだ感想。

この前、オススメしていた「羽生善治全局集 ~七冠達成まで~」を購入し、
サラッと見てみたので、感想を簡単に書きたいと思います。

s-DSCN2730.jpg



実はこの本は前の記事に書いてなかったのですが、
昔出た「七冠王 羽生善治」の再販ヴァージョンのような感じの本です。

この本はもちろん僕も持っており、棋譜並べにもたまに使いましたね。

七冠達成当時の様子が色々と書かれており、その当時を知らない人にとっては、
良い資料になると思います。

掲載されている棋譜も羽生名人が勝つ棋譜が大半で、
羽生名人のファンなら絶対買いじゃないでしょうか。

全ての棋譜には1局につき、約20前後の解説も付いているので、
棋譜並べに使っても良いと思います。

また「七冠王 羽生善治」を持っている人でも、こちらの方が印刷技術の向上などにより、
読みやすくなっているので、買っても損はないと思いますね。

値段的にも3000円以下でこれだけの棋譜などが載っているので、
コストパフォーマンスも良いでしょう。

将棋ファンであれば、絶対持っておきたい本の中の一冊だと僕は思います。
この本は超オススメしたい本ですね。

以上、サラッと読んだ感想でした。



関連記事
スポンサーサイト
10月1日から、アイカツ!の第四シーズンが始まるぞー!!!絶対見ろー!!! | Home | 将棋猫のイメージと読みの将棋観(その2)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。