対四間飛車にオススメな本。

今回は僕が思う「対四間飛車」に役立つ本をピックアップしたいと思います。

と言うのも、ちょっと前に検索キーワードを見ていると、
「対四間飛車」「対四間飛車 本」などと言うキーワードが多くあったからです。

6559655965.png
四間飛車

現在は力戦形の振り飛車がプロ間では流行っていますが、
やはりアマチュアでは普通の四間飛車が根強い人気があり、まだまだ多いからでしょう。

そういう事で、僕がオススメしたい本を挙げていこうと思いますね。

四間飛車破り【急戦編】四間飛車破り 【居飛車穴熊編】



まずこの2冊です。
もう「対四間飛車」においてこの2冊の本は「必須級」だと思いますね。

この2冊をサラッと読むだけでも、対四間飛車のポイントが必ず解って来るでしょう。
この本を読まずして「対四間飛車」を語ることは出来ない、というくらいの本だと思います。

本を読む前と読んだ後では棋力は、大駒1枚は確実に変わって来ますね。
絶対手元に置いておくべき本です。


四間飛車激減の理由



正直言ってアマチュアでは、渡辺永世竜王の本2冊だけでも十分だとは思いますが、
出来ればこの阿部健治郎 五段の本も読むと良いと思います。

これは主に居飛車穴熊の本ですが、この本を読んでおくと居飛車穴熊に関しては、
ほとんど隙がなくなると思いますね。


上記3冊は僕自身も頻繁に読み返しています。
この3冊を超える本は、そう簡単には出ないでしょう。


上記3冊は対四間飛車の「有名な基本的な対策」が載っている本ですが、
上記3冊に載っていない有力な戦法があります。

それは「右四間飛車」です。

5496555485.png
右四間飛車

この前の記事でも書きましたが個人的には、右四間飛車は優秀な戦法だと思っています。

確かに右四間飛車はプロ間では大変かもしれませんが、
何と言っても「駒組みが憶えやすい」ですし、玉も安全に硬く囲いやすい。

これは早指しばかりのアマチュアにとって、とても大きいメリットだと考えています。

現在普通に変える本で対四間飛車の右四間飛車が載っている本は、
中川八段の本くらいですね。



この本は僕も持っていますが、解りやすく書かれており、
とても読みやすいのでオススメです。

あと右四間飛車が載っている本は↓があるのですが、



両方とも絶版になっており、プレミアが付いてしまっているので、
無理して買う必要はないと思います。

中川八段の本も出て数年経っているので、いつ絶版なるか解らないですね。
買えるうちに買っておいたほうがいいかもしれません。

右四間飛車は細かい定跡を憶えるよりも、
「この形は仕掛けが成立しそう・しなさそう」の感覚が重要なので、
実戦経験を積んでいけば、自然に指しこなせるようになるでしょう。


以上が僕がオススメする対四間飛車の本です。
対四間飛車が苦手な人には、ぜひ読んで欲しいですね。


関連記事
スポンサーサイト
対四間飛車穴熊にオススメな本。 | Home | 10月1日から、アイカツ!の第四シーズンが始まるぞー!!!絶対見ろー!!!

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/11/12 (Sat) 19:15 | # | | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する