スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対四間飛車穴熊にオススメな本。

この前の記事は「普通の対四間飛車」にオススメな本を紹介したのですが、
ついでに「対四間飛車穴熊」にオススメな本も、書いておきたいと思います。

65965258658.png
四間飛車穴熊

四間飛車穴熊もプロ間では減少していますが、アマチュアではまだまだ人気戦法ですね。

プロ間では多少四間飛車穴熊側が苦しいのかもしれませんが、
アマチュアでは、あまり気にすることは無いと思います。

将棋世界などに載るアマチュアの高段者の間でも、まだ指されていますから。
僕自信も、まだまだ有力と思っています。

まず絶対持っておくべき本は↓の2冊です。

四間飛車穴熊の急所 & 四間飛車穴熊の急所〈2〉相穴熊編



この2冊の本は「四間飛車穴熊」を指すための本ですが、
「対四間飛車穴熊」として読んでも、とても参考になります。

ハッキリ言って四間飛車穴熊を勉強するには、必須の本だと思いますね。

この本を読まずして、四間飛車穴熊は語れないと感じます。


次に上記2冊は必須として、出来れば持っておきたい本は↓です。

振り飛車穴熊の最終進化



この本は今年(2015年)発売されたばかりで、現状では最新定跡が載っています。
この本もカナリ完成度が高く、載っている内容もとても濃いですね。

「出来れば持っておきたい」と書きましたが、限りなく必須に近い本でしょう。
四間飛車穴熊を指す&指されるのであれば、絶対買いです。


広瀬流四間飛車穴熊勝局集



この本は四間飛車穴熊の勝局集ですが、
「四間飛車穴熊戦の感覚」を知るにはとても良い本だと思います。

解説も豊富ですし、載っている局数も多いです。
四間飛車穴熊の棋譜集なんて滅多に出ないので、出来れば持っておきたいですね。


広瀬流穴熊 終盤の極意



この本は、穴熊戦の手筋や寄せ方を詳しく解説した本です。

穴熊戦は何と言っても「距離感・感覚」が特殊なので、
これらもある程度身につけないと、中々上達しません。

この本は解説も多く書いてあるので、オススメですね。 
(ちなみに、対銀冠・相振り・居飛車穴熊・巻末には棋譜なども載っています)

以上が僕が「持っておいた方がいいかも・・・」と言う本です。
全部、広瀬八段の本になってしまいましたね。


最後にオマケで個人的に、良い本だと思う本を紹介したいと思います。

四間飛車道場〈第9巻〉持久戦VS穴熊



それは↑の本。
結構古い本なんですけど、この本はオススメです。

と言うのもこの本には、カナリマイナーな対四間穴熊の定跡が載っています。
若干奇襲戦法っぽいんですが、これらの指し方をアマチュアで知っている人はあまりいないと思います。

なのでアマチュアで「四間飛車穴熊を絶対倒したい!」と言う人は、
この本に載っているマイナー戦法を研究し、指せばいいかもしれません。
(初見では対応しづらいと思うので。)


関連記事
スポンサーサイト
将棋猫のイメージと読みの将棋観(その3) | Home | 対四間飛車にオススメな本。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。