最近買った将棋本を、サラッと読んだ感想。

少し前に数冊将棋本を買ったので、それらをサラッと読んだ感想を書きたいと思います。

三浦&阿部健の居飛車研究



まず三浦九段と阿部五段の本。
この本は前に出た、久保九段と菅井六段の本と同じような構成になっています。

今よく指されている局面について、お二人が意見・研究を言い合うと言う内容なんですが、
非常に面白いと思います。

僕自身が戦法について研究するのが好きなせいもありますが、
そうでなくても将棋を指したりする人には、とても勉強になる本だと感じましたね。

絶対買って損はない本だと思います、超絶オススメしたいです。
マジで超面白いぞ!!!


研究で勝つ! 相横歩取りのすべて



次は飯島七段の、相横歩取りについて書かれた本です。

この本の内容は将棋世界に連載されていたものを纏めた物ですが、
非常に高度で濃い内容だと思います。

現状この本が相横歩取りの最新研究が書かれた本だと思いますが、
相横歩取りを指すのであれば、必須級の本になっていると思います。

指される側も是非持っておきたい本でしょう。

この本に書かれている手順・研究の精度はかなり高いと思うので、
コレ一冊持っていれば、長く使える本だと思いますね。


早分かり 角換わり定跡ガイド



最後は所司七段の角換わりの定跡書です。

所司七段は定期的に、こういう感じの定跡書を出されますが、
この本は辞書のように使う感じの本ですね。

ちなみに僕は一応、全巻持ってます・・・
四間飛車のシリーズはとても役に立ってくれました。

この本についてなんですが、角換わりの本はあまり出ないので、
居飛車党であれば買っておいていいと思います。

あまり見かけない手順や、マイナーな変化も細かく書かれているので、
読んでおいて損はないでしょう。

今回は以上の3冊です。
どの本もとても良い本だと思うので、オススメしたいですね。


関連記事
スポンサーサイト
加藤一二三名局集が出るぞー!!!絶対買えー!!! | Home | 週刊将棋の思い出・・・・

コメント

待ってました

本の紹介も毎回楽しみにして参考にしています。いつもありがとうございます

2015/10/30 (Fri) 18:43 | diadora #BaVqJGy6 | URL | 編集
No title

本当にサラッと読んだ感想ですけどね・・・
買った本については、書いて行こうと思います。

2015/10/30 (Fri) 18:54 | 将棋猫 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する