スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤一二三名局集を、サラッと読んだ感想など。

ネットで注文していた「加藤一二三名局集」が届いており、
さっきまで少し読んでいたので、その感想を書きたいと思います。



前にも書きましたがこの加藤一二三名局集は、とても楽しみにしていました。
加藤九段は今でも(2015年現在)現役で、半世紀以上にわたりトッププレイヤーとして活躍されていましたから。

なので対局相手も常に、その時代を代表するような棋士ばかりで、
完成度の高い将棋を見れるからです。

サラッと読みましたが、予想通り対強豪棋士の対局が多く載っており、
戦型も矢倉中心に色々あって、とても参考になる棋譜集だと思います。

載っている局数も123局とかなりのボリュームなので、長い間読めそうですね。
この加藤九段の名局集は全局、盤に並べて勉強したいと思っています。


これまでこの名局集シリーズは↓が出版されています。
この名局集シリーズは全て持っていますが、どれもとてもオススメしたいです。





特に実際に「将棋を指す」人には強くオススメしたいですね。

と言うのもこの「名局集」と言うのは、どのプロ棋士でも出せる物ではありません。
出せるのは「長い期間、安定して勝ってきた棋士」だけです。

更にこの中でも、

大山十五世名人・升田実力制第四代名人・米長永世棋聖
中原十六世名人・有吉九段・加藤九段

以上は、公式戦で1000勝以上されています。
この「公式戦で1000勝以上する」と言うのは、本当に凄いと思います。

才能・努力・体力・知識・精神力・・・全てを持っていないと出来ないでしょうね。


僕はこのように1000勝する棋士(長い期間、安定して勝ってきた棋士)には、
何か共通点があるのではないか?と考えています。

それはまだハッキリとは解りませんが、やはり並の棋士とは何かが違うから勝てるのでしょうし、
必ず各個人個人「勝つコツ」の様な物を持っているはずです。

それを棋譜を並べることによって、少しでも理解できるようになりたいと思っていますね。
自分も将棋はこれからもずっと指し続けるでしょうし、指すのであればやはり「勝ちたい」ですから。


繰り返しになりますがこの名局集シリーズはとても良い本だと思うので、
強くオススメしたいです。

将棋を強くなるには、うってつけの本だと僕は思いますね。


関連記事
スポンサーサイト
奇襲大全 (マイナビ将棋文庫)を、サラッと読んだ感想など。 | Home | 最近買った将棋本を、サラッと読んだ感想。(角換わり腰掛け銀最前線・激変する現代矢倉・矢倉△5三銀右戦法)

コメント

早く並べたいです

将棋猫さんのブログを見て棋譜集を多く買う様になりました。本当毎回楽しみにしています
将棋猫さん流の棋譜集や棋書を使った勉強法なども聞いてみたいと思いました。

2015/11/27 (Fri) 07:03 | diadora #- | URL | 編集
No title

棋譜集は少しでも気になるのがあれば、
買っておいたほうがいいと思いますね。

前にも書いたことがあるように、将棋本は売れないと、
すぐに絶版になってしまいますから。

まあ今ではKindleなどがあるので、紙にこだわらなければ、
いつまでも買えると思いますが・・・

自分の勉強方法は、解説がちゃんと書いてある棋譜を、
盤駒を使って並べるのが中心です。

支部例会の前などは、棋譜並べをしますね。

定跡書は興味のあるところを、簡単に目を通しておく感じです。

2015/11/27 (Fri) 19:13 | 将棋猫 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。