奇襲大全 (マイナビ将棋文庫)を、サラッと読んだ感想など。

先日「奇襲大全 (マイナビ将棋文庫)」買ってサラッと読んだので、
感想を書きたいと思います。



実はこの「奇襲大全 (マイナビ将棋文庫)」買うつもりはなかったのですが、
ちょっと移動に時間が掛かる日があり、その間に読む本がなかったので買ってしまいました。

まあ1000円ちょっと言う事と、昔出た「奇襲大全 」を持っていなかったと言う理由もありますが・・・

それで移動時間や家に帰ってからも読んでいたのですが、
とても面白いと思いました。


と言うのも正直言って、僕も約20年将棋を見たり指しているので、
色々な奇襲戦法を相手にしたりしてきましたがさすがに、

「もう見たことない奇襲戦法や、ヘンテコな戦法はないだろう」と考えていました。

けどこの本を読んで、その考えは覆されましたね。
「なんじゃこれ・・・」と思う戦法が色々と載ってました。

しかし載っている戦法は、昔のアマ強豪などが開発した戦法ばかりで、
どの戦法も「謎の説得力」を持っており、なお且つ実戦的な戦法が多いと思います。

初見では対応が難しそうな戦法もいくつかありました。


これだけの戦法が載っていて、このページ数と値段だったら、
かなり良い本だと思いましたね。

昔出た「奇襲大全」には載っていない新規のページもありますし。

あともしかしたらこの先、本に載っている奇襲戦法に出会う可能性もあることですし・・・
と言うか、今でも有力な戦法もありますよコレ・・・

将棋を指す人であれば、読んでおいて絶対損はない本だと思います。

奇襲戦法を指されて負けると、なんだかムカつく・・・と言うこともあるので、
そう言う事がないように、予習として読むのもアリだと思います。

とても良い本だと思うので、オススメしておきます。


簡単な感想は以上です。
また何か買って読んだら書きます。


関連記事
スポンサーサイト
ここ最近一番注目している、先手角換わりの渡辺流の仕掛け。 | Home | 加藤一二三名局集を、サラッと読んだ感想など。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する