プロ合格の原動力!今泉の勝てる中飛車を、サラッと読んだ感想。

つい先日出た「プロ合格の原動力!今泉の勝てる中飛車」を買って、
サラッと読んだので、感想を書きたいと思います。



まずこの本はほぼ「先手ゴキゲン中飛車の本」です。
後手ゴキゲン中飛車には、ほとんど触れられていません。

その為、先手中飛車については幅広くフォローしてあり、
定跡解説・研究も詳しく書いてあると思います。

目次を見ると解りますが、約1/3は対相振り飛車(相中飛車も含む)にページが割かれています。
これは現状先手中飛車が相振り以外には、互角以上に戦えるからでしょう。

僕が個人的に注目したのは「相中飛車」についてです。

ハッキリ言って相中飛車は「先手がそんなに苦労はしない」と思っていたのですが、
後手にしっかり指されると容易ではなく、むしろ強敵になる可能性もあると感じました。

相中飛車のページには、今泉四段の研究手の「先手左玉」(下図)なども書いてあり、
これは中々有力だと思いましたね。

65489632589658.png

個人的な予想なんですが、これから相中飛車は増えていくかもしれません。

昔からある割には、あまり定跡は整備されていないので、
まだよく分からない所が多いと思います。


相振り飛車以降は対居飛車の対策が色々書かれていますが、
その中でも新しい対策の「後手角道不突」(下図)が載っているのは、この本が初めてですね。

52485485.png

この対策は最近現れた対策ですが、かなりの可能性を持っていると思います。
本を読めば解りますが先手は、普通の手を指していたらいつの間にか悪くなると言う事が多い。

なんともう上図ではすでに、先手が悪い可能性があるという・・・
この角道不突の対策は居飛車党・振り飛車党問わず、是非知っておきたい変化だと思います。

角道不突急戦は、これから増える可能性が高いでしょうから。

他の居飛車の対策もほぼ全てフォローしてあるので、
今泉四段の本はとても役に立つと思いますね。

しばらく先手中飛車の定跡本は出ないっぽいので、
居飛車党・振り飛車党問わず、持っておいていい本なのではないでしょうか?
(ただゴキゲン中飛車の考え方の本は、来年出るみたいです↓)

「ゴキゲン中飛車で勝つための7つの鉄則と16の心得」



今泉四段の本は、オススメしたいですね。

以上簡単にですが、サラッと読んだ感想は終わりです。
またなにか買えば、感想を書きたいと思いますね。


関連記事
スポンサーサイト
2016年の流行戦型を予想する。(相居飛車編) | Home | 最近古本で、将棋関係の読み物の本を買っている。

コメント

さすがの感想です

もう将棋猫さんのブログ無しでは将棋本は買えません!くらいお世話になっています。しかも最新本の感想を多数ブログに載せてる人は日本広しといえど、将棋猫さんくらいでは?

毎回楽しみにしています

2015/12/16 (Wed) 20:27 | diadora #- | URL | 編集
No title

最新の将棋本のレビューは探せば、やってる人はいるんじゃないかな~?

あとここ最近の将棋本は発売日に買って、サラッとレビューを書いてますけど、
買わない将棋本もこれから出てくると思うので、その時は何も書けませんね。

もう2015年は終わりですが、今年は良い将棋本が多かったと思いますね。

2015/12/16 (Wed) 21:04 | 将棋猫 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する