将棋戦型別名局集3 矢倉名局集を、サラッと読んでみた感想。

ちょっと遅くなりましたが「将棋戦型別名局集3 矢倉名局集」をサラッと読んだので、
感想を書きたいと思います。



ちなみに僕は今回も、マイナビのオンラインショップでサイン本を買いました。

s-DSCN0093.jpg

僕は色々な棋士のサイン本は結構持っていますが、
高橋九段のサイン本はこれが始めてですね。

今回のこの本も、ちょっと前に出た名局集シリーズの中の1冊です。
なので基本的なレイアウトや内容なども、だいたい同じと思って貰ってもいいでしょう。

掲載されている将棋の局数も多く、長く読める本になっていると思います。


ただ載っている将棋は、多少古い形の将棋が多いと感じる人もいるかもしれません。
しかしこれは仕方がなく、そしてあまり気にする事ではないと僕は思います。

「気にすることはない」と言う理由は将棋、特に「矢倉」と言う戦型は、
古い形でもまた流行する事が多いからです。

なので古い戦型も突然復活する可能性も高いと思うので、
気にすることはないと考えていますね。

「矢倉」はアマチュアの将棋では、居飛車の中でもカナリ多い戦型だと思うので、
この本もオススメしたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト
アイカツスターズ!が始まるぞー!!!絶対見ろー!!! | Home | 横歩取りハメ手裏定跡を、サラッと読んでみた感想。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する