スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が研究・指したい形(対振り飛車編)

自分が研究・指したい形と思っている対振り飛車編です。
ちなみに「対」振り飛車なんですが、コレは僕が基本的に居飛車党だからです。

それと現状振り飛車は先手番であれば全て有力、後手番では角交換振り飛車・ゴキゲン中飛車、
最近では藤井システムも復活気味とあって、また盛り上がってきていると感じています。

それでは書いて行きたいと思います。

対中飛車

まず対先手中飛車に対してですが、下図の対策を指してみたいです。

62556259658.png

NHK杯でも出現した、後手の角道不突きの急戦です。
その後はあまり見かけませんが、カナリ有力だと感じました。

現状先手中飛車に対しては後手番の居飛車では、全く戦えないわけではないですが、
なんとなく不安だと思います。

一直線穴熊は有力だと思いますが、基本的に主導権は中飛車側にあると思うので、
少しつまらない。

しかしこの戦法は、比較的安全に主導権を取れる可能性があり魅力的に思えます。

あとこの戦法に対して先手は何かしらの対策を事前に準備していないと、
その場での対応は相当難しいでしょう。

なのでアマチュア向きだと感じますね。

ちなみに先手中飛車に対して一番有効なのは、やはり「相振り飛車」だとは思います。
もう「居飛車側に全く対抗手段がない!」となった時は、相振り飛車を指そうと考えています・・・


そして後手ゴキゲン中飛車には、やはり下図の・・・

1452565.png

▲37銀型の急戦を指したいと思い始めました。

「何をいまさら・・・」と思われるかもしれませんが、個人的には少し前までこの形はあまり指そうとは
思っていませんでした。

その理由としては先手番であれば一直線穴熊や、他の戦法でもそれなりに戦えますし、
あまり困っていなかったからです。

しかし「主導権」が欲しいとなれば、この▲37銀型急戦が一番取れる可能性が高く、
ゴキゲン中飛車相手に攻めまくって勝てる可能性があるのはコレだけですね。

あとこの▲37銀型急戦は指しこなすのも大変ですが、ゴキゲン側も正確に対応しなければ一気に悪くなる局面も多く、
そうなってくると結局は、知識&経験・実力の差が生きやすい。

長い目で見ると最終的には、この形が一番勝ちやすくなると考えました。
自分もプロ間で主流になっているこの形を、本格的に導入していこうと思います。

対中飛車については以上です。


対石田流

対石田流はちょっと前に「左美濃さえ指しておけば安心!」みたいな事を書いたのですが、
それも「宮本流」の対策が出現し、安心できなくなってしまいました。

そこで左美濃に変わる対策を考えていて、下図の対策を研究したいと考えました。

65214554985.png

その対策は△84飛型で左美濃を急ぐ指し方です。
この指し方は結構昔からあり、ブログにも書いたことがあったと思います。

僕がこの形で一番印象に残っている対局は確か将棋世界の企画対局で、
久保九段VS渡辺竜王で、後手の渡辺竜王が採用した対局です。

その将棋は久保九段が勝ったのですが、久保九段しか指せないであろう手があり、
この対策自体は優秀だと感じていました。

△84飛型が優秀だと思うところは何個かあり、まず展開によっては△54歩~△53銀と組めるところです。
先手が無策であれば△64歩63銀型より優秀な、△54歩53銀型に組めます。

他には銀冠を急いている点や、歩を突かず△62銀型で待機しているため、
先手からの仕掛けが受けやすかったり、色々メリットはあります。

ただ△84飛が早いためアタリがキツくなっていたり、デメリットもありますが・・・

この△84飛型は昔からある割に、そんなに細かい定跡化はされていないと思うので、
まだ未開拓の部分も多いと思いますね。

対振り飛車はアマチュアでは主戦場になるので、他にも色々注目の局面はあるのですが、
自分は「対ゴキゲン中飛車」と「対石田流」に力を入れているので、今回はこれくらいですね。

ちなみに藤井流の角交換振り飛車も流行していますがこちらはここ最近、
目立って新しい対策は無いように思います。

今までの対策で居飛車側も、十分戦えていると考えていますね。



関連記事
スポンサーサイト
うおおおおおおお!!! | Home | 自分が研究・指したい形(相居飛車編)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。