スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安用寺 孝功 六段の新刊「全戦型対応!将棋・端の攻め方、受け方」のサイン本を買った。

最近出た安用寺 孝功 六段の新刊のサイン本が、関西将棋会館に売ってたので買いました。

s-DSCN3753.jpg

 

今回の安用寺六段の本は題名の通リ「端の攻防」を纏めた本ですね。
読む人の棋力も初級者~有段者まで、誰でも読めると思います。

端攻めと言うと将棋の基本中の基本だと思いますが実は、
端攻めだけを纏めた本はそんなに出ているわけではありません。

今手に入りやすいのは↓くらいでしょうか。



これからもそんなに端攻めの本は出ないと思うので、
買っておいて良いと思いますね。(解説も多いし)

個人的に端の攻防は

「端攻めを制するものは将棋を制す」

くらいに思っています。
なので端攻めは必ず上手くなっておきたいです。

あと端攻めは「端攻めを狙うぞ!」と意識していないとたまに忘れる時があるので常に意識して、
狙える時にはチャンスを逃さず、しっかり攻めたいですね。


関連記事
スポンサーサイト
たまたま「谷川浩司全集 昭和編」を発見したので買った。 | Home | 少し前から将棋ソフトの検討モードは、あまり使わなくなっている。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。