これから出る、ちょっと注目の将棋本2冊。

今週は特に話題もないので、個人的に注目している将棋本を書きたいと思います。

常識破りの新戦法 矢倉左美濃急戦 基本編



まず斎藤六段が書く、矢倉左美濃急戦の本です。
「基本編」とあるので「応用編」なども出るんだと思いますね。

この戦法は少し前から気になっていた戦法でしたが、基礎を学べる資料などはあまりありませんでした。
「やっと出してくれたか」と言う気持ちです。

後手番の急戦矢倉系の戦法の中では玉も硬く、ハマった時の爆発力も相当な戦法なので、
マスターしたい戦法だと思っています。

早く読んでみたいですね。


徹底解明!!先手中飛車の最重要テーマ局面20



伊藤六段が書く中飛車の本です。

「また中飛車か・・・」と言う気持ちもあるのですが、とりあえず中飛車はプロ・アマ問わず大人気の戦法なので、
嫌でも知っておかなければいけない手が多いです。

ちょっと前に出て買った↓もとても良かったですが、



この短期間にどこかは時結論は変わっていると思うので、それが気になります。
コレも早く読んでみたいです。

上記二冊は「買い」の本だと思いますね。


関連記事
スポンサーサイト
「棋士の才能 ―河口俊彦・将棋観戦記集―」を、サラッと読んだ感想など。 | Home | 宮本 広志 五段の「振り飛車最前線 四間飛車VS居飛車穴熊」をサラッと読んだ感想。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する