阿久津七段の本「必ず役立つプロの常識」も、かなりオススメ。

少し前、阿久津七段が本を出しました。



内容としては簡単に言うと、
「将棋の考え方」をまとめた本になっています。

正直、あまり期待してはいなかったんですが書店でチラッと読んだら、
今まで書かれていなかった、色々な局面の考え方などが書かれていたので、
買ってしまいました。

一緒に作った編集の人も、アマ初段前後と言う事もあって、
初心者の人にも、解かりやすい作りになっていると思います。
と言うか、初級者の人にこそ読んで欲しいですね。

自戦記解説も少し載っていて、巧くまとまっていると思います。

こういう感じの本は、もっと増えて良いと思います。
最近の将棋の本はちょっと、難しすぎますよね・・・

この本は本当に面白かったので、オススメしておきます。
関連記事
スポンサーサイト
渡辺竜王の「永世竜王の軌跡」は、とても面白い。 | Home | 対ゴキゲン中飛車▲78金型・馬作り定跡での面白そうな手。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する